催しEVENT

これからの催し

催し名
日時2024年7月19日(金)午後6時開演
会場八十二別館1階ロビー
出演

竹内 直美(ソプラノ)
今井 麻耶(ピアノ)

曲目

♪ たなばたさま(文部省唱歌)
♪ おんがく(まど・みちお/木下牧子)
♪ 勿忘草(D.フルノ/E.D.クルティス)   ほか

*都合によりプログラムを変更する場合がございます
               

定員100名
概要

<竹内直美さんからのメッセージ>
再び長野で演奏する機会を頂き、大変感謝しております。今回はレッツ・チャレンジ!と題し、これまで勉強してこなかった曲にチャレンジします。どれも感情が揺さぶられる名曲ばかりです。今井さんの超絶技巧のピアノ伴奏も必聴です!皆様とご一緒に外の暑さにも負けない暑い!熱い!夏の一夜を過ごして参りたいと思います。

入場料無料
催し名
日時6月29日(土) 午後1時30分~3時
会場松本市勤労者福祉センター 1階 大会議室(松本市中央4-7-26)
講師

三戸呂 拓也(登山家・山岳カメラマン・国立登山研修所 講師)

定員100名
概要

〈講師からのメッセージ〉
信州で育ち、登山を志して20年が経ちました。その間、登山を通して様々な場所を訪れ、体験をしてきました。山はいつでも、厳しく、雄大に、私に多くのことを教えてくれます。今回は、その時々の写真をご覧いただきながら、私が山から学んだことをお話しさせていただければと思います。

三戸呂 拓也(みとろ たくや)
1985年大阪府で生まれ、長野県大町市で育つ。両親の影響で登山を始め、高校、大学時代に山岳部に所属。登山の基礎をつくる。卒業後も海外登山で自身の挑戦を継続し、8,000m峰2座、7,000m峰3座、未踏峰2座に登頂。国立登山研修所の技術講師として後進の育成にも尽力する。高所登山、マラソン、トレイルランニング、アドベンチャーレースなどを撮影するアスリートカメラマン。スキーインストラクターの有資格者でもある。また、NHK-BS「グレートレース」「にっぽん百名山」、TBS「クレイジージャーニー」など数多くの番組撮影にも携わっている。


後 援/松本市教育委員会


受講料聴講無料 *要申込。折り返し聴講券をお送りします。
催しコード15
お申し込みお申し込み
催し名
日時7月2日(火)午前10時25分~午後3時30分
会場追分公民館(北佐久郡軽井沢町大字追分523)
講師

講師/堀井 正子(文学研究家)

定員30名
概要

〈講師からのメッセージ〉
 芭蕉の句碑もある追分、高倉健の五代前のおばあさまもこの追分を旅しました。大正から昭和は、芥川龍之介と片山広子がドライブに訪れ、後を追うように堀辰雄や立原道造が追分で過ごし、名作を生み出しました。堀辰雄と多恵子さんが出会い、支え合って暮らしたのもこの追分。そんな追分を文学散歩したいと思います。


行 程/開講式(10:25)=講義(堀井 正子先生/10:30~12:00)=昼食(追分公民館12:10)=追分宿巡り[油屋、泉洞寺、分去れ等](解説:伊藤 京子 軽井沢町 追分宿郷土館学芸員/13:00~)=追分宿郷土館見学(14:20~14:50)=<移動>=堀辰雄文学記念館見学(解説:土屋 忠夫 堀辰雄文学記念館館長/15:00~15:25)=堀辰雄文学記念館・解散(15:30) *行程約2.5km
※天候不良により内容を変更する場合があります。


共 催/軽井沢町教育委員会


ご案内
・マイカーでお越しの方は追分公民館または、泉洞寺駐車場をご利用ください。
・最寄り駅の信濃追分駅から、追分公民館までの送迎(有料)をご希望の方はお電話またはメールにてご相談ください。


受講料会員2,700円、一般3,200円(資料代・観覧料・保険料・弁当代含む)
催しコード16
お申し込みお申し込み
催し名
日時7月4日(木)午後1時30分~3時
会場松本市勤労者福祉センター 3階3-3会議室(松本市中央4-7-26)
講師

西山 克己(長野県教育委員会 文化財・生涯学習課 文化財係 (再)指導主事)

定員70名
概要

シナノのクニの成り立ちを4回シリーズでひもとく講座です。
全回お申し込みの方は、「シナノのクニの成立 4回セット」のお申し込みフォームからお申し込みください。
【概要】
約2,000年前、青銅器祭祀が終わり、時代は弥生時代後期へ。善光寺平を中心に、「赤い土器のクニ」が突然現れ、朝鮮半島との交流もみられる。約1,700年前、ヤマト王権との関りを示す前方後円墳が5世紀前半までは善光寺平に、5世紀中頃以降は下伊那に集中する。同じ頃、善光寺平には積石塚古墳が造られ始め、下伊那では馬の生産が始まる。

後援/松本市教育委員会

受講料会員500円、一般1,000円
催しコード4
お申し込みお申し込み
催し名
日時7月20日(土)午後1時30分~3時30分
会場松本市勤労者福祉センター 3階 3-3会議室(松本市中央4-7-26)
講師

半沢 幹一(共立女子大学名誉教授)

定員50名
概要

〈講師からのメッセージ〉
 「春はあけぼの」で始まる「枕草子」は「源氏物語」と並んで、平安時代を代表する文学作品ですが、その文章の書き方はきわめて対照的です。「源氏物語」とは違い、「枕草子」は短い章段に細かく分かれていて、まるでメモ書きのようです。しかし、ただのメモ書きならば、文学にはなりません。なぜ文学的な文章になりえたのか。類聚章段と呼ばれる章段の各文章の始まり方と終わり方から、その秘密を探ってみることにしましょう。


後 援/松本市教育委員会 

受講料会員500円、一般1,000円
催しコード17
お申し込みお申し込み
1 2 3 4