催し

教養講座 一覧

 1   2 
催し名 【満席御礼】文学講座「三島由紀夫と村上春樹」(長野会場)
日時5月25日(火)午後1時30分~3時30分
会場八十二別館4階 AV研修室(長野市岡田178-13)
講師

半沢 幹一(共立女子大学文芸学部教授)

内容

三島由紀夫

定員50名
概要

 *好評につき定員に達したため受付を終了しました。
三島由紀夫と村上春樹、時代はずれますが、どちらもノーベル文学賞作家の候補となった、日本を代表する作家です。今回はこの二人を取り上げることにします。
 三島は1970年に割腹自殺を遂げてからちょうど50年ということで、昨年はマスメディアに盛んに取り上げられました。1968年、ノーベル文学賞の候補に挙げられましたが、三島の文学的恩師である川端康成が受賞しました。
 村上は1979年に作家デビューし、1987年の『ノルウェイの森』が大ブレークし、今や日本だけでなく、世界的な人気を誇るまでになりました。最近は毎年のようにノーベル文学賞の候補に挙げられています。
 作品同士を比べたら、どういう異同が見られるか、それぞれの代表的な短編小説を一緒に読んで、確かめてみましょう。

 長野会場では、三島自選の短編集『花ざかりの森・憂国』に収められた各作品を取り上げ、その表現上のいくつかの特徴を取り上げ、それらが作品内容とどのように関わるかを考えてみます。その際、他の作家だったら、どうように表現するか、村上春樹作品と比べてみます。

受講料会員500円、一般1,000円
催しコード3
催し名 歴史講座「江戸時代の銭勘定」
日時6月1日(火)、8日(火)、15日(火) 午後1時30分~3時30分
会場小諸市公民館2階 第1講義室
(小諸市乙女甲1275-2 小諸市文化センター内)
講師

尾崎行也(元長野県立歴史館専門員)

演題

第1回 江戸の九六銭勘定
第2回 勘定書(請求書)を読み解く
第3回 銭と小判・丁銀

定員30名
概要

江戸時代の人々の暮らしを知るために、大福帳や勘定書の解読は欠かせません。そのときに問題になるのが、当時の銭(ぜに)の勘定(計算)です。例えば一丁20文の豆腐を5丁買えば、その代金は100文ではなくて、104文になるのです。
現代の算数では理解できないこの計算方法をしっかり身につけて、江戸の町や村を歩いて見ませんか。
(テキストに八十二文化財団刊行『近世銭勘定或(わく)問(もん)』を使用しますので、お持ちの方は必ずご持参ください。)

受講料会員1,500円、一般3,000円(3回分)
催しコード8
お申し込み
催し名 八十二銀行創立90周年記念講座①『富岡日記』にみる信州の近代化について
日時6月12日(土) 午後1時30分~3時30分
会場松本市勤労者福祉センター 1階 大会議室(松本市中央4-7-26)
講師

上條宏之(信州大学名誉教授・元長野県短期大学学長)

定員80名
概要

 八十二銀行創立90周年の節目に、2回にわたり記念講座を開催いたします。
 第1回は、松代出身の伝習工女和田英が官営富岡製糸場に入場した日々を回想した『富岡日記』をテーマに、上條宏之先生に長野県の近代化と製糸業についてご講演いただきます。
後 援/松本市教育委員会

受講料無料 *要申込 折り返し聴講券をお送りします。
催しコード9
お申し込み
催し名 【満員御礼】文学講座「宮沢賢治の詩と童話」第2回 賢治の童話 ①【午前の部】
日時6月21日 (月) 午前10時~12時 
会場八十二別館 4階 AV研修室 (長野市岡田178-13)
講師

堀井正子(文学研究家)

内容

賢治の童話 ①
『銀河鉄道の夜』『楢ノ木大学士の野宿』

定員50名
概要

【好評につき定員に達したため受付を終了しました】
【講師からのメッセージ】
 宮澤賢治は不思議な人です。詩も童話も変幻自在。そんな賢治の詩を三編、大切な妹を思う三編の詩は、天空の銀河鉄道へと続き、かと思うと、山が次々に誕生し、恐竜がドカドカ走ってくる地球の昔へ飛んでいきます。二百十日の風の子や、吹雪を起こす雪婆や雪童子、鹿やキツネや狼も、次々に愉快な姿を見せる賢治の童話、ちょっと扉を開けてみませんか。

*密を避けるため、同一内容で午前の部・午後の部を設けました。ご希望の時間帯毎にお申し込みください。


*スペース82において絵本美術館 森のおうち による「宮沢賢治絵本原画展」を同時開催します。講座にあわせて宮沢賢治の世界をお楽しみください。
  展示期間:5月14日(金)~7月28日(水)(ギャラリー82において展覧会を催していない土日祝日は休館となります。)

受講料会員500円、一般1,000円
催しコード10
催し名 【満員御礼】文学講座「宮沢賢治の詩と童話」第2回 賢治の童話 ①【午後の部】
日時6月21日 (月) 午後1時30分~3時30分
会場八十二別館 4階 AV研修室 (長野市岡田178-13)
講師

堀井正子(文学研究家)

内容

賢治の童話 ①
『銀河鉄道の夜』『楢ノ木大学士の野宿』

定員50名
概要

【好評につき定員に達したため受付を終了しました】
【講師からのメッセージ】
 宮澤賢治は不思議な人です。詩も童話も変幻自在。そんな賢治の詩を三編、大切な妹を思う三編の詩は、天空の銀河鉄道へと続き、かと思うと、山が次々に誕生し、恐竜がドカドカ走ってくる地球の昔へ飛んでいきます。二百十日の風の子や、吹雪を起こす雪婆や雪童子、鹿やキツネや狼も、次々に愉快な姿を見せる賢治の童話、ちょっと扉を開けてみませんか。

*密を避けるため、同一内容で午前の部・午後の部を設けました。ご希望の時間帯毎にお申し込みください。


*スペース82において絵本美術館 森のおうち による「宮沢賢治絵本原画展」を同時開催します。講座にあわせて宮沢賢治の世界をお楽しみください。
  展示期間:5月14日(金)~7月28日(水)(ギャラリー82において展覧会を催していない土日祝日は休館となります。)

受講料会員500円、一般1,000円
催しコード11
 1   2 

▲ページの先頭に戻る