催し

八十二文化財団では皆さまと集いふれあう機会、学びの場をご提供しています。財団が主催する催しについてご紹介します。

教養講座

生涯学習のサポート・皆さまの向学心のお手伝いをめざし、各種分野で講座を開催。

過去の教養講座

文化講演会

タイムリーなテーマの講演を毎年開催。

過去の文化講演会

コンサート

県内外で活躍中の音楽家によるコンサートを県下各地で開催。

過去のコンサート

ロビーコンサート

音楽愛好家によるアットホームなコンサートを八十二別館1階のロビーで毎月開催。入場無料。

過去のロビーコンサート

出演希望の方

これからの催し

 1   2 
催し名 コンサートin松本 ~秋の夜の夢~
日時2018年10月25日(木) 午後6時00分開演
会場信毎メディアガーデン 1階ホール(松本市中央2-20-2)
出演

羽渕浩樹(バリトン)
牧羽裕子(ソプラノ)
町田莉佳(ピアノ)

曲目

落葉松
歌劇「カルメン」より “闘牛士の歌”
O Sole Mio
歌劇「ロミオとジュリエット」より “私は夢に生きたいの”
ほか
※都合によりプログラムを変更する場合がございます

定員150名
概要

 長野市では、300回を超えるロビーコンサートを開催してきました。中南信の皆さまにもその雰囲気を味わっていただきたく、今年オープンした松本市の信毎メディアガーデンにてミニコンサートを開催します。
 今回は、藤原歌劇団で活躍しました羽渕浩樹さんと、松本市出身の牧羽裕子さんが織りなす魅惑の歌声をお届けします。
 お買い物やお仕事のお帰り前に、贅沢なひと時をお過ごしください。

入場料入場無料
お申し込みお申し込みは不要です。
催し名 シリーズ『地域文化』を読む 四季のうた(諏訪会場)
日時2018年9月5日(水)、10月3日(水)、11月7日(水) 午後1時30分~3時30分[全3回]
会場1・2回目:諏訪市文化センター 1階 第1集会室(諏訪市湖岸通り5-12-18)   ※3回目は 2階 第2集会室で開催します
講師

堀井正子(近代文学研究家・SBCラジオ「武田徹のつれづれ散歩道」レギュラー)

内容

第1回 芥川龍之介 「沙羅の花」
第2回 島崎藤村   「初恋」
第3回 種田山頭火 「歩けばカッコウ」

※第1回と第2回の内容は4月・5月に長野会場で実施した内容と同一です。

定員80名
概要

信州の四季折々の表情を、さまざまな作家たちがのこしてくれました。詩、短歌、俳句、表現の形はさまざまですが、感性豊かな芸術家のことばを通して、私たちも、信州の自然風土への愛を深めていきたいと思います。
(諏訪市・諏訪市教育委員会後援)


※「シリーズ『地域文化』を読む」について
◆長野県の風土、伝統、自然、文化、産業、自然などを紹介している機関誌『地域文化』は昭和62年3月の創刊から現在は124号まで発刊されています(年4回刊)。友の会会員の皆様には発行のつど無料でお送りしています。
◆このシリーズの教養講座では、過去に『地域文化』で取り上げた内容について深掘りし、理解を深める機会としたいと思います。
◆講座の資料はお配りいたしますが、講座に関連する内容の『地域文化』バックナンバーをご希望の方は 1冊 本体328円+税 (送料実費) で販売しております。ご希望の方は八十二文化財団までお申込みください。

受講料会員1,500円、一般3,000円 (3回分)
催しコード13
お申し込み
催し名 古文書解読講座 初級編
日時9月18日(火)、10月23日(火)、11月20日(火)、12月18日(火)午後1時30分~3時30分 [全4回]
会場八十二別館 4階 AV研修室(長野市岡田178-13)
講師

尾崎行也(元長野県立歴史館専門員)

定員80名
概要

江戸時代は文書(もんじょ)の時代ともいわれ、地域に多くの古文書が残されています。しかし、近時の社会変動で、それらの古文書が失われ、私たちの過去が見えなくなってきています。古文書解読を通じて、自分たちの歴史を解明し、さらに史料の保存をすすめましょう。
今年の講座では、「初級~中級」レベルを目標に、さまざまな近世文書の解読を試みたいと思います。

受講料会員2,000円 一般3,500円[4回分]
催しコード15
お申し込み
催し名 方言学講座
信州の方言 -消えていくことば、生きつづけることば-
日時12月13日(木)、1月10日(木)、24日(木)
会場松本市勤労者福祉センター 3-3会議室 (松本市中央4-7-26)
講師

第1回 沖 裕子(信州大学人文学部教授)
第2回 小池博子(八十二文化財団)
第3回 大橋敦夫(上田女子短期大学教授)

演題

第1回 信州人の敬語
第2回 一茶の感じた‘寒さ’
第3回 おもしろ信州方言学

定員50名
概要

信州の暮らしを支える私たちのことばを考えてみましょう。隣近所の人とどのようにコミュニケーションをとっていますか?江戸時代の一茶はどのように信州の寒さを感じ俳句に表現したのでしょうか?今一番使われている信州の方言の横綱はなんでしょうか?
消えていくことば、生きつづける私たちのことばを考えていきます。

受講料会員1,500円 一般3,000円
催しコード23
お申し込み
催し名 トランペットとピアノで贈る 音楽のブーケ
日時2019年1月20日(日)開演14:00(開場13:30)
会場東御市文化会館 サンテラスホール(東御市常田505-1)
出演

蓬田奈津美(トランペット)
渡邉美優(トランペット)
腰原菜央(ピアノ)
小諸高校音楽科の皆さん

曲目

2つのトランペットのための協奏曲ニ長調(マンフレディーニ)
2つのトランペットのための協奏曲(モラレス)
3つの演奏会用練習曲より ため息(リスト)
日本の四季メドレー
リベラルタンゴ(ピアソラ)    ほか

定員700人
概要

小諸高校の卒業生3名が、演奏活動の支援をいただいた東御市で、地域の皆さまに感謝を表すコンサートを開催します。出演する蓬田さんと渡邉さんは、大学在学中の2017年韓国で開催された第12回チェジュ国際コンクール金管五重奏部門で第1位を受賞しました。腰原さんも第7回蓼科音楽コンクールin東京で第1位、第8回セシリア国際音楽コンクール第5位入賞等、新進気鋭の実力派です。出演する3名とも2018年3月に音楽大学を卒業し、それぞれのプロの道を歩み始めました。新たな門出を、東御市および近隣の皆さまに向けた決意表明を込め、金管アンサンブルが醸し出す魅力をお届けします。なお、本コンサートには、3名の出身校である小諸高校音楽科の生徒さんにもご出演いただきます。
プロ奏者として高みを目指す3人の演奏をお楽しみください。

入場料一般1,500円、学生500円、友の会会員1,000円(税込み・全席自由)
催しコード24
お申し込み
 1   2 

▲ページの先頭に戻る