催し

八十二文化財団では皆さまと集いふれあう機会、学びの場をご提供しています。財団が主催する催しについてご紹介します。

教養講座

生涯学習のサポート・皆さまの向学心のお手伝いをめざし、各種分野で講座を開催。

過去の教養講座

文化講演会

タイムリーなテーマの講演を毎年開催。

過去の文化講演会

コンサート

県内外で活躍中の音楽家によるコンサートを県下各地で開催。

過去のコンサート

ロビーコンサート

音楽愛好家によるアットホームなコンサートを八十二別館1階のロビーで毎月開催。入場無料。

過去のロビーコンサート

出演希望の方

これからの催し

 1   2   3 
催し名 【第361回】ロビーコンサート ピアノトリオ ソレイユ 晩秋に染まる 名曲の森
日時2021年11月19日(金)午後6時開演
会場八十二別館1階ロビー
出演

ソレイユ
日置雅子(ヴァイオリン)
大熊かおる(チェロ)
和田智子(ピアノ)

曲目

♪悲しみのピアノ三重奏曲第1番(ラフマニノフ)
夫婦で贈りあった愛と絆
♪ピアノ三重奏曲第1番より(クララ・シューマン)
♪ピアノ三重奏曲第1番より(ロベルト・シューマン)

定員50名 入場制限有
概要

<ソレイユさんからのメッセージ>
ヴァイオリン、チェロ、ピアノのトリオです。
晩秋の木々のように、さまざまな彩りを放つ名曲の数々を揃えました。特にクララとロベルトのシューマン夫妻の三重奏曲は二人の絆が感じられる作品。心温まるひと時をお届けできればと思います。

入場料無料
催し名 もの OZ-尾頭-山口佳祐展 ―今、これまでの私を辿って―
ライブペイント&ギャラリートーク[10/30(土)]
日時10月30日(土)14:00~15:00
会場八十二別館 1階 ロビー・ギャラリー (長野市岡田178-13)
出演

OZ-尾頭-山口佳祐

内容

ライブペイント
ギャラリートーク

定員30名
概要

OZ-尾頭-山口佳祐によるライブペイント&ギャラリートーク。


(日時)2021年10月30日(土)午後2時~3時
(会場)ギャラリー82  入場無料
(定員)30名(*要予約:催しコード/30)
*10/30(土)はライブペイント&ギャラリートーク開催のため、午後1時~4時まで入場できません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※申込受付期間:10/11(月)午前9:00から開始
※10/11(月)に申込フォームを解禁します。

お申込み受付後、受講券を送付いたします。
ギャラリートーク当日、必ず受講券をお持ちください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

入場料無料 ※要申込(※申込受付:10/11(月)午前9:00から開始)
催しコード30
お申し込み
催し名 【満席御礼】文学散歩 藤村『千曲川のスケッチ』の魅力
日時11月2日(火)午前10時30分~午後3時
会場集合:小諸市役所3階 第1・2会議室(小諸市相生町3-3-3)
講師

堀井正子(文学研究家)

定員40名(先着順)
概要

【好評につき定員に達したため受付を終了しました】
<講師 堀井先生からのメッセージ>
「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」そんな思いで、28歳の藤村は、都会を抜け出し、山の上の小諸義塾に赴任してきた。国語や英語を教えるためだったが、気がつけば、たくさんのことを学んでいた。学校の小使いさんに農業を教わり、女性が荒い気候を物ともせず働く姿にも驚いた。生徒は一里も二里も平気で歩いて通ってくる。激しく働く町は、祭りに熱狂する。町の仕立屋さんや、一膳飯屋の揚羽屋さんとも親しくなり、まずしく働く人々の話に聞き入ったり、山番の小屋にも行けば、山の牧場へもいった。大家さんの、飯山に学びに行く娘さんたちを送って、雪の飯山へもいった。都会にはない、多様な暮らしの豊かさは、藤村を変える小諸の豊かさだった。
そんな「千曲川のスケッチ」の魅力をお話ししたいと思います。
    講義    午前10時30分~12時
         (昼食*各自食)
    見学   午後1時10分~3時 
  *文学散歩・見学は柳澤厚 小諸市立藤村記念館館長にご案内いただきます。
 [行程] 小諸市役所発(午後1時10分)-藤村旧栖地-藤村使用の井戸-馬場裏-小諸城大手門-懐古園(午後2時)-藤村記念館・小諸義塾記念館見学(午後3時頃懐古園にて解散)
* 昼食は近隣の飲食店をご利用いただくかお弁当をお持ちください。
  お弁当やテイクアウトは講義会場を利用することもできます。
* 天候により一部見学場所、所要時間を変更する場合があります。

共催/小諸市教育委員会

受講料会員1,000円 一般1,500円(懐古園入館料・保険料込)
催しコード31
催し名 【満席御礼】栗林衣李×大森晶子×西山健一トリオコンサート~魅惑のピアノ三重奏~
日時11月13日(土) 午後2時 開演
会場長野市芸術館リサイタルホール B2F
出演

栗林 衣李(ヴァイオリン)
大森 晶子(ピアノ)
西山 健一(チェロ)

曲目

クライスラー:ベートーヴェンの主題によるロンディーノ
ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第4番 変ロ長調「街の歌」作品11
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン作品20
メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第2番 ハ短調作品66
ほか
※都合によりプログラムを変更する場合がございます。

概要

*好評につき満席となりました。
八十二文化財団ロビーコンサートに出演しご好評いただいたヴァイオリニスト栗林衣李をメインに、魅惑のピアノ三重奏をお届けいたします。
若き演奏家を中心としたコンサート「音の玉手箱」を主宰するピアニストの大森晶子、NHK交響楽団チェリストの西山健一がこの日のために共演いたします。
円熟した深みと若き才能が織りなす音の世界をお楽しみください。

共催/一般財団法人長野市文化芸術振興財団
後援/長野市、長野市教育委員会、一般社団法人ensemble NOVA、信濃毎日新聞社、SBC信越放送、長野朝日放送、長野市民新聞社

入場料友の会会員2,000円、一般3,000円、学生(大学生以下)1,500円
催しコード28
催し名 古典文学講座 清少納言が見た宮中生活―『枕草子』に描かれた貴族の機知―第1回(長野会場)
日時11月18日(木)午後1時30分~3時30分
会場 八十二別館 4階 AV研修室 (長野市岡田178-13)
講師

西 一夫(信州大学教育学部教授)

第1回内容

恋愛ゲームでも漢文の知識が必須!(130段:頭弁の、職に参りたまひて)

定員50名
概要

「枕草子」と言えば「春はあけぼの」がすぐに浮かびます。その他にも作者の目を通して宮廷生活の一端がさまざまなエピソードによって描かれています。そうした宮廷生活の中での機知に富んだ章段を取り上げて、作者の機転の利かせ方や巧みな話術をのぞき見ることで、中宮サロンを想像したいと思います。

受講料会員500円、一般1,000円 *講座当日の受付にて受講料をいただきます。
催しコード32
お申し込み
 1   2   3 

▲ページの先頭に戻る