催し

八十二文化財団では皆さまと集いふれあう機会、学びの場をご提供しています。財団が主催する催しについてご紹介します。

教養講座

生涯学習のサポート・皆さまの向学心のお手伝いをめざし、各種分野で講座を開催。

過去の教養講座

文化講演会

タイムリーなテーマの講演を毎年開催。

過去の文化講演会

コンサート

県内外で活躍中の音楽家によるコンサートを県下各地で開催。

過去のコンサート

ロビーコンサート

音楽愛好家によるアットホームなコンサートを八十二別館1階のロビーで毎月開催。入場無料。

過去のロビーコンサート

出演希望の方

これからの催し

 1   2 
催し名 ムシカアレグレ2021 in 長野~荒井雅至門下生による信州コンサート行脚~
日時2021年8月20日(金)午後6時開演
会場八十二別館1階ロビー
出演

ムシカアレグレ(弦楽合奏)
荒井雅至(ヴァイオリン・指揮)
ムシカアレグレシニアメンバー
小宮康裕(ピアノ)

曲目

・無伴奏ヴァイオリンパルテイータ第3番より合奏版 プレリュード・ガボット(バッハ作曲 橋口佳奈編曲 初演)
・NHK)2020応援ソングパプリカ(米津玄師作曲 橋口佳奈編曲)
・弦楽ファンタジー緑の光の中で(荒井雅至作曲 小山和彦編曲)
・高野辰之作品集メドレー(岡野貞一作曲 小山和彦編曲)
ほか


定員定員50名入場制限有
概要

<荒井雅至さんからのメッセージ>
昨年8月コロナ禍・厳戒態勢の長野市、会場での徹底した検温・消毒後入場制限されたお客様が温かく見守る中、いつもの半分以下に縮小のメンバー全員で冒頭曲のヘンデル・ニ長調の和音を奏でた時の感動!これぞ正しく皆の心の叫びでした。そして1年後更なる緊張感が必要な状況ではありますが今回の行脚の為に編曲したバッハを、昨年より成長した少年たち中心メンバーのムシカアレグレが初演します。初出演から30年を過ぎました。今回1650年作の銘器アンドレア・グァルネリで演奏します。
午後6時00分開演 ※開演時間ご注意願います。
※定員50名までとさせていただき、入場制限がございます。
※当日は、マスクの着用をお願いいたします。

入場料無料
催し名 八十二銀行創立90周年記念講座② 八十二銀行誕生のあゆみ~第十九(国立)銀行の歴史や昭和恐慌を通して~
日時7月31日(土)  午後1時30分~3時30分
会場八十二別館 4階 AV研修室(長野市岡田178-13)
講師

小平 千文(上田小県近現代史研究会会長)

定員50名
概要

 八十二銀行創立90周年の節目の記念講座の第2回を長野会場で開催します。
 八十二銀行は、1931(昭和6)年8月1日、第十九銀行(本店:上田市)と六十三銀行(本店:長野市)の合併により発足しました。今回は、八十二銀行の前身銀行のあゆみについて、第十九(国立)銀行の歴史や昭和恐慌を通して、小平千文先生にお話しいただきます。

受講料無料 要申込*折り返し聴講券をお送りします。
催しコード16
お申し込み
催し名 夏休み貨幣教室「おかねのふしぎ発見」
日時8月3日(火)[1]午前9時30分~11時00分[2]午後1時30分~3時00分
※各回同一内容につき、どちらかの時間を選択ください
会場八十二別館1階 スペース82(長野市岡田178-13)
定員各回6名(先着順) ※対象は小学校3・4年生です
概要

毎年恒例の夏休み貨幣教室を開催します。スペース82に展示されている金融・貨幣資料を見学しながらお金の歴史を学び、現在使われている紙幣のふしぎを、見て・触れて・発見しながら、みんなで一緒に楽しく勉強します。

※事前にお申込みが必要です。
下の(1)~(4)を明記のうえ、お申込みください。
(1)講座名「夏休み貨幣教室」
(2)参加希望時間(午前 or 午後)
(3)参加されるお子様のお名前(ふりがな)・学年
(4)保護者の住所・お名前・電話番号
(当日ご連絡ができる番号でお願いします)


※8/3(火)当日、貨幣教室参加関係者以外の方のスペース82入場はできません。

参加料無料 ※事前申込が必要です。
催しコード17
お申し込み
催し名 リモート講座「宇宙と地球の話 はやぶさ2プロジェクトから学ぶこと」
日時8月4日(水) 午後1時30分~3時
会場松本市勤労者福祉センター 3階 3-3会議室(松本市中央4-7-26)
講師

澤田 弘崇(宇宙科学研究所はやぶさ2プロジェクト主任研究開発員)

定員50名
概要

会場をオンラインでつなぎリモート形式で開催します。

 昨年12月、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」のカプセル回収に成功したプロジェクトチームの澤田弘崇さん(長野市出身)を講師にお迎えします。澤田さんには、「はやぶさ2」のミッションの内容を振り返るとともに、探査や宇宙の魅力についてお話しいただきます。
 宇宙に興味のあるお子さんやご家族でのご来場をお待ちしています。

後援/松本市教育委員会

受講料会員200円、一般500円 小・中・高校生無料 ※要申込 ※折り返し聴講券をお送りします。
催しコード18
お申し込み
催し名 【満席御礼】私たちの地域史「長野県はなぜ最大の満州移民県になったのか~満蒙開拓の歴史がいまに問いかけること~」
日時8月11日(水)  午後1時30分~3時10分
会場八十二別館 4階 AV研修室(長野市岡田178-13)
講師

小林 信介(金沢大学 人間社会研究域 経済学経営学系 教授)

定員50名
概要

【好評につき定員に達したため受付を終了しました】
◇講師からのメッセージ◇
 長野県は、満州農業移民における最大の送出県です。本講座を通じて、なぜ多くの人びとが満州へ渡ったのか、その歴史的背景に近接すると同時に、現在にも通じる問題を考えるための手掛かりを提供したいと考えています。

【DVD放映のご案内】
*当日講義会場において、講義前に「満蒙開拓の真実~国策移民の実像と悲劇」を放映いたします。視聴をご希望の方は午後1時までに受付をしてください。(講義受講者限定 午後1時~1時20分)

【パネル展開催】 (会期8月10日(火)~8月13日(金)*最終日は正午まで)
*八十二別館1階のスペース82において満蒙開拓平和記念館からお借りしたパネル展を開催いたします。この機会にぜひご覧ください。

受講料会員500円、一般1,000円
催しコード19
 1   2 

▲ページの先頭に戻る