催し

八十二文化財団では皆さまと集いふれあう機会、学びの場をご提供しています。財団が主催する催しについてご紹介します。

教養講座

生涯学習のサポート・皆さまの向学心のお手伝いをめざし、各種分野で講座を開催。

過去の教養講座

文化講演会

タイムリーなテーマの講演を毎年開催。

過去の文化講演会

コンサート

県内外で活躍中の音楽家によるコンサートを県下各地で開催。

過去のコンサート

ロビーコンサート

音楽愛好家によるアットホームなコンサートを八十二別館1階のロビーで毎月開催。入場無料。

過去のロビーコンサート

出演希望の方

これからの催し

 1   2 
催し名 藤森照信文化講演会
日時2018年3月17日(土) 午後2時~3時30分 (開場/午後1時30分)
会場茅野市民館コンサートホール (茅野市塚原1-1-1)
講師

藤森照信(建築家・建築史家・東京都江戸東京博物館館長)

演題

自然を生かした建築のつくり方

定員280人(申込先着順)※聴講券をお送りいたします。下のお申込みボタンよりお申込みください。(1回のお申込みにつき3名様までのお申込みとさせていただきます))
概要

◆藤森照信さんは「高過庵」「空飛ぶ泥舟」「低過庵」と名付ける茶室をはじめ、自然素材と科学技術を融合させた独創的な建築を多数設計されています。また、弊財団機関誌『地域文化』において巻頭で連載をしていただいています。今回は、藤森さんのご出身である茅野を会場に、自然を生かした建築のつくり方についてお話いただきます。

入場料無料
催しコード22
お申し込み
催し名 第318回 ヴァイオリンの調べ
日時2018年3月30日(金) 午後6時30分開演
会場八十二別館1階ロビー
出演

西野優子(ヴァイオリン)
小澤佳奈(ピアノ)

曲名

ヴァイオリンソナタ「春」:ベートーヴェン
タイスの瞑想曲:マスネ
カルメン幻想曲:サラサーテ
リベルタンゴ
ほか
※都合によりプログラムの変更をする場合がございます

概要

~名曲で綴る春のひととき~
お馴染みの名曲「カルメン幻想曲」から、日本では珍しい中国作品まで、バラエティ豊かなプログラムをお届けいたします。

入場料入場無料
お申し込みお申し込みは不要です。
催し名 シリーズ『地域文化』を読む 四季のうた(長野会場)
日時2018年4月16日(月)、5月28日(月)、6月18日(月) 午後1時30分~3時30分[全3回]
会場1・2回目:長野バスターミナル会館 4階 国際ホール(長野市岡田178-2)   ※3回目は八十二別館 4階 AV研修室(長野市岡田178-13)で開催します
講師

堀井正子(近代文学研究家・SBCラジオ「武田徹のつれづれ散歩道」レギュラー・『地域文化』「四季のうた」連載中)

内容

第1回 島崎藤村  「初恋」
第2回 芥川龍之介 「沙羅の花」
第3回 佐藤春夫  「凍み豆腐」

定員100名
概要

信州の四季折々の表情を、さまざまな作家たちがのこしてくれました。詩、短歌、俳句、表現の形はさまざまですが、感性豊かな芸術家のことばを通して、私たちも、信州の自然風土への愛を深めていきたいと思います。


※松本会場での講義とは内容が異なります。両会場の受講も歓迎いたします。


※「シリーズ『地域文化』を読む」について
~今年度から始まる新しい講座です~
◆長野県の風土、伝統、自然、文化、産業、自然などを紹介している機関誌『地域文化』は昭和62年3月の創刊から現在は123号まで発刊されています(年4回刊)。友の会会員の皆様には発行のつど無料でお送りしています。
◆このシリーズの教養講座では、過去に『地域文化』で取り上げた内容について深掘りし、理解を深める機会としたいと思います。
◆講座の資料はお配りいたしますが、講座に関連する内容の『地域文化』バックナンバーをご希望の方は 1冊 本体328円+税 (送料実費) で販売しております。ご希望の方は八十二文化財団までお申込みください。

受講料会員1,500円、一般3,000円 (3回分)
催しコード02
お申し込み
催し名 シリーズ『地域文化』を読む 四季のうた(松本会場)
日時2018年4月11日(水)、5月9日(水)、5月30日(水) 午後1時30分~3時30分[全3回]
会場松本市あがたの森文化会館 講堂 (松本市県3-1-1)
講師

堀井正子(近代文学研究家・SBCラジオ「武田徹のつれづれ散歩道」レギュラー・『地域文化』「四季のうた」連載中)

内容

第1回 小林一茶  「雲の峰」
第2回 松尾芭蕉  「つたかづら」
第3回 島木赤彦  「夕焼け空」

定員100名
概要

信州の四季折々の表情を、さまざまな作家たちがのこしてくれました。詩、短歌、俳句、表現の形はさまざまですが、感性豊かな芸術家のことばを通して、私たちも、信州の自然風土への愛を深めていきたいと思います。


※長野会場での講義とは内容が異なります。両会場の受講も歓迎いたします。


※「シリーズ『地域文化』を読む」について
~今年度から始まる新しい講座です~

◆長野県の風土、伝統、自然、文化、産業、自然などを紹介している機関誌『地域文化』は昭和62年3月の創刊から現在は123号まで発刊されています(年4回刊)。友の会会員の皆様には発行のつど無料でお送りしています。
◆このシリーズの教養講座では、過去に『地域文化』で取り上げた内容について深掘りし、理解を深める機会としたいと思います。
◆講座の資料はお配りいたしますが、講座に関連する内容の『地域文化』バックナンバーをご希望の方は 1冊 本体328円+税(送料実費) で販売しております。ご希望の方は八十二文化財団までお申込みください。

受講料会員1,500円、一般3,000円 (3回分)
催しコード01
お申し込み
 1   2 

▲ページの先頭に戻る