催し

八十二文化財団では皆さまと集いふれあう機会、学びの場をご提供しています。財団が主催する催しについてご紹介します。

教養講座

生涯学習のサポート・皆さまの向学心のお手伝いをめざし、各種分野で講座を開催。

過去の教養講座

文化講演会

タイムリーなテーマの講演を毎年開催。

過去の文化講演会

コンサート

県内外で活躍中の音楽家によるコンサートを県下各地で開催。

過去のコンサート

ロビーコンサート

音楽愛好家によるアットホームなコンサートを八十二別館1階のロビーで毎月開催。入場無料。

過去のロビーコンサート

出演希望の方

これからの催し

 1   2   3 
催し名 教養セミナー「金銀出入帳にみる 江戸時代中期農家の暮しぶり」
日時9月11日(火)午後1時30分~ 3時30分
会場伊那市生涯学習センター5階 研修室(伊那市伊那3500-1 いなっせビル)
講師

尾崎行也(元長野県立歴史館専門員)

定員60名
概要

寛政4年(1792)、佐久郡春日村(現佐久市春日)の清水忠直(通称、儀右衛門)が記録した「金銭出入帳」は、日々の金銭出納簿で、日常生活に関わる買物をはじめ、その日の賄いや無尽・時貸し(金融)についての記録などを含んでいます。それらは江戸時代中期農家の物品、金銭をめぐる村内や地域社会との交流の様子を物語っています。
帳簿の具体的な内容を紹介しながら、それらの解明を試みたいと思います。
(伊那市教育委員会後援)

聴講料無料(要申込み)※聴講券をお送りします。下のお申し込みボタンからお申し込みください。
催しコード14
お申し込み
催し名 第324回 大城説子ジャヌレ With 仲間たち
日時2018年9月14日(金) 午後6時30分開演
会場八十二別館1階ロビー
出演

大城説子ジャヌレ
宮尾あさ美(ピアノ)
Lunch Box sp. および飯山のコーラス 他より有志(賛助出演)

曲目

君よ知るや南の国(トーマ)
きんいろの太陽がもえる朝に(木下牧子)
初恋(越谷達之助)
夢みたものは(木下牧子)
荒城の月(瀧廉太郎)
ほか
※都合によりプログラムを変更する場合がございます

概要

西洋や日本の歌曲、また長野県に所縁のある作家などバラエティ豊かなプログラムをお届けいたします。美しく響き渡る歌声による癒しのひと時をご堪能ください。

入場料入場無料
お申し込みお申し込みは不要です。
催し名 古文書解読講座 初級編
日時9月18日(火)、10月23日(火)、11月20日(火)、12月18日(火)午後1時30分~3時30分 [全4回]
会場八十二別館 4階 AV研修室(長野市岡田178-13)
講師

尾崎行也(元長野県立歴史館専門員)

定員80名
概要

江戸時代は文書(もんじょ)の時代ともいわれ、地域に多くの古文書が残されています。しかし、近時の社会変動で、それらの古文書が失われ、私たちの過去が見えなくなってきています。古文書解読を通じて、自分たちの歴史を解明し、さらに史料の保存をすすめましょう。
今年の講座では、「初級~中級」レベルを目標に、さまざまな近世文書の解読を試みたいと思います。

受講料会員2,000円 一般3,500円[4回分]
催しコード15
お申し込み
催し名 探訪講座 私たちの地域史 講座「木曽の隠れた魅力とは」(長野会場)
日時9月19日(水)午後1時30分~3時30分
会場八十二別館 4階 AV研修室 (長野市岡田178-13)
講師

市川 正夫(長野大学観光ツーリズム学部教授)

演題

「木曽の隠れた魅力とは」

定員50名
概要

-「木曽路はすべて山の中」(島崎藤村『夜明け前』から)により大人気に-
 木曽を訪れると日本人よりも欧米系の外国人に出会うことがある。なかでも南木曽の宿場跡と旧中山道が人気スポットである。これはある外国人が訪れて、南木曽の古いたたずまいを紹介して、火がつき一大観光地となった。まず彼らは歩くことと古いもの、地場産の食が好きなことが共通している。(市川正夫)

信州に暮らす多くの方が、木曽にいったことがあるでしょう。今回は、外国人が注目した木曽本来の良さを紹介します。
*長野会場および松本会場で同一内容の講義となります。

受講料500円(資料代)
催しコード16
お申し込み
催し名 探訪講座 私たちの地域史 講座「木曽の隠れた魅力とは」(松本会場)
日時9月26日(水)午後1時30分~3時30分
会場松本市勤労者福祉センター3階 3-3会議室 (松本市中央4-7-26)
講師

市川 正夫(長野大学観光ツーリズム学部教授)

演題

「木曽の隠れた魅力とは」

定員50名
概要

-「木曽路はすべて山の中」(島崎藤村『夜明け前』から)により大人気に-
 木曽を訪れると日本人よりも欧米系の外国人に出会うことがある。なかでも南木曽の宿場跡と旧中山道が人気スポットである。これはある外国人が訪れて、南木曽の古いたたずまいを紹介して、火がつき一大観光地となった。まず彼らは歩くことと古いもの、地場産の食が好きなことが共通している。(市川正夫)

信州に暮らす多くの方が、木曽にいったことがあるでしょう。今回は、外国人が注目した木曽本来の良さを紹介します。
*長野会場および松本会場で同一内容の講義となります。

受講料500円(資料代)
催しコード17
お申し込み
 1   2   3 

▲ページの先頭に戻る