催し

八十二文化財団では皆さまと集いふれあう機会、学びの場をご提供しています。財団が主催する催しについてご紹介します。

教養講座

生涯学習のサポート・皆さまの向学心のお手伝いをめざし、各種分野で講座を開催。

過去の教養講座

文化講演会

タイムリーなテーマの講演を毎年開催。

過去の文化講演会

コンサート

県内外で活躍中の音楽家によるコンサートを県下各地で開催。

過去のコンサート

ロビーコンサート

音楽愛好家によるアットホームなコンサートを八十二別館1階のロビーで毎月開催。入場無料。

過去のロビーコンサート

出演希望の方

これからの催し

 1   2   3 
催し名 【満席御礼】教養講座「村を挙げて満洲へ 描かれた大日向村」
日時7月31日(火)・8月 21日(火) 午後1時30分~3時30分[全2回]
会場佐久市佐久平交流センター情報研修室・視聴覚室(佐久市佐久平駅南4-1)
講師

伊藤純郎(筑波大学人文社会系歴史・人類学専攻長・教授)

演題

第1回「満州分村神話と小説『大日向村』」
第2回「新劇・映画・紙芝居で描かれた大日向村と満州」

定員60名
概要

満員御礼*申込受付を締切りました。

戦争が終わり、今年の夏で73年を迎えます。今年は伊藤純郎先生をお招きし、地域の歴史をひもとく講座を開催します。
受講者の皆さんへ ~講師からのメッセージ~
 南佐久郡大日向村(現佐久穂町大日向)は、わずか2年という短期間で村単独で200戸から300戸を満州(中国東北部)に移住させ、独立した分村である満州大日向村を建設する「単村式満州分村」を日本で最初に実行した村で、「満州分村」のモデルとして、小説『大日向村』、劇団前進座新劇「大日向村」、東宝映画や紙芝居「大日向村」などで全国に喧伝されました。
本講座では、80年前の本隊出発(1938年7月)から浅間山麓への再入植と昭和天皇の巡幸(1948年10月)までの10年間を対象に、大日向村の満州分村の実態と創られた神話について、メデイアの視点から考えたいと思います。
(佐久市佐久平交流センター共催)

受講料会員1,000円・一般2,000円(2回分)
催しコード10
催し名 教養講座「信州の若者とハリウッド映画
ビートルズ(昭和30、40年代)」
日時8月2日(木)、30日(木) 午後2時~3時30分 [全2回]
会場安曇野市豊科交流学習センター「きぼう」 多目的交流ホール
(安曇野市豊科5609-3)
講師

飯岡詩朗(信州大学人文学部准教授)
小松芳郎(松本文書館特別専門員)

定員80名
概要

昭和30年代後半~40年代前半は、西洋文化が、映画、ラジオ、TVなどのメディアを通じて、急激に日本に流入し、信州も例外ではありませんでした。その結果、生活スタイル、習俗は、徐々に西洋化していきました。
当時の若者に、多くの影響を及ぼした、ハリウッド映画、ビートルズを題材に、その時代の世相を振り返ることにより、昭和中期を西洋文化の切り口で考察します。

受講料会員1,000円、一般2,000円[2回分]
催しコード11
お申し込み
催し名 コンサートin松本 ~秋の夜の夢~
日時2018年10月25日(木) 午後6時00分開演
会場信毎メディアガーデン 1階ホール(松本市中央2-20-2)
出演

羽渕浩樹(バリトン)
牧羽裕子(ソプラノ)
町田莉佳(ピアノ)

曲目

落葉松
歌劇「カルメン」より “闘牛士の歌”
O Sole Mio
歌劇「ロミオとジュリエット」より “私は夢に生きたいの”
ほか
※都合によりプログラムを変更する場合がございます

定員150名
概要

 長野市では、300回を超えるロビーコンサートを開催してきました。中南信の皆さまにもその雰囲気を味わっていただきたく、今年オープンした松本市の信毎メディアガーデンにてミニコンサートを開催します。
 今回は、藤原歌劇団で活躍しました羽渕浩樹さんと、松本市出身の牧羽裕子さんが織りなす魅惑の歌声をお届けします。
 お買い物やお仕事のお帰り前に、贅沢なひと時をお過ごしください。

入場料入場無料
お申し込みお申し込みは不要です。
催し名 第323回 ムシカアレグレ 2018 in 長野
日時2018年8月24日(金) 午後6時30分開演
会場八十二別館1階ロビー
出演

ムシカ アレグレ(弦楽合奏)
荒井雅至(ヴァイオリン・指揮)
ムシカ アレグレ シニアメンバー
小宮康裕(ピアノ)

曲目

トルコ行進曲(モーツァルト)
栄光の架橋(ゆず)
千曲川(五木ひろし)
スパークル 君の名はより(RADWIMPS)
緑の光の中で(荒井雅至)
信濃の国(長野県歌)
高野辰之作品集(故郷 他)
ほか
※都合によりプログラムを変更する場合がございます

概要

~国立音楽大学学生 その他 荒井雅至門下生による信州コンサート行脚~
ロビーコンサート立ち上げの年から弾き継がれてきた爽やかな弦楽の響きを今夏もお楽しみください。

入場料入場無料
お申し込みお申し込みは不要です。
催し名 シリーズ『地域文化』を読む 四季のうた(諏訪会場)
日時2018年9月5日(水)、10月3日(水)、11月7日(水) 午後1時30分~3時30分[全3回]
会場1・2回目:諏訪市文化センター 1階 第1集会室(諏訪市湖岸通り5-12-18)   ※3回目は 2階 第2集会室で開催します
講師

堀井正子(近代文学研究家・SBCラジオ「武田徹のつれづれ散歩道」レギュラー)

内容

第1回 芥川龍之介 「沙羅の花」
第2回 島崎藤村   「初恋」
第3回 種田山頭火 「歩けばカッコウ」

※第1回と第2回の内容は4月・5月に長野会場で実施した内容と同一です。

定員80名
概要

信州の四季折々の表情を、さまざまな作家たちがのこしてくれました。詩、短歌、俳句、表現の形はさまざまですが、感性豊かな芸術家のことばを通して、私たちも、信州の自然風土への愛を深めていきたいと思います。
(諏訪市・諏訪市教育委員会後援)


※「シリーズ『地域文化』を読む」について
◆長野県の風土、伝統、自然、文化、産業、自然などを紹介している機関誌『地域文化』は昭和62年3月の創刊から現在は124号まで発刊されています(年4回刊)。友の会会員の皆様には発行のつど無料でお送りしています。
◆このシリーズの教養講座では、過去に『地域文化』で取り上げた内容について深掘りし、理解を深める機会としたいと思います。
◆講座の資料はお配りいたしますが、講座に関連する内容の『地域文化』バックナンバーをご希望の方は 1冊 本体328円+税 (送料実費) で販売しております。ご希望の方は八十二文化財団までお申込みください。

受講料会員1,500円、一般3,000円 (3回分)
催しコード13
お申し込み
 1   2   3 

▲ページの先頭に戻る