催し

八十二文化財団では皆さまと集いふれあう機会、学びの場をご提供しています。財団が主催する催しについてご紹介します。

教養講座

生涯学習のサポート・皆さまの向学心のお手伝いをめざし、各種分野で講座を開催。

過去の教養講座

文化講演会

タイムリーなテーマの講演を毎年開催。

過去の文化講演会

コンサート

県内外で活躍中の音楽家によるコンサートを県下各地で開催。

過去のコンサート

ロビーコンサート

音楽愛好家によるアットホームなコンサートを八十二別館1階のロビーで毎月開催。入場無料。

過去のロビーコンサート

出演希望の方

これからの催し

 1   2 
催し名 (締め切りました)文学講座「向田邦子と藤沢周平」
日時平成30年1月25日(木)、2月15日(木)午後1時30分 ~ 3時30分[全2回]
会場あがたの森文化会館 本館1階 1-5教室(松本市県3-1-1)
講師

半沢 幹一(共立女子大学文芸学部教授・向田邦子研究会代表幹事)

定員60名
概要

(好評につき定員に達したため締め切りました。)
半沢幹一先生による文学講座です。向田邦子と藤沢周平という二人の人気作家に共通する魅力を、向田邦子『思い出トランプ』と藤沢周平『神隠し』から考える全2回の講座です。
第1回
  1月25日(木)
「二人の人生と作品」
 向田邦子と藤沢周平という、亡き後もなお根強い人気のある二人の作家ですが、一緒に取り上げられたことは、ほとんどないでしょう。共通するのは、昭和初期の生れということぐらいで、人生のありようも作品のジャンルもまったく異なっていますから、当然と言えば当然です。しかし、二人の作品を長く愛読してきた者にとっては、両者に共通する魅力がたしかに感じられます。それがどんなことかを明らかにするために、まずは二人の人生と作品をたどってみることにしましょう。
第2回
  2月15日(木)
「二人の倫理と作風」
 向田邦子作品と藤沢周平作品に共通に認められる魅力を、具体的に確かめるために、『思い出トランプ』(新潮文庫)と『神隠し』(新潮文庫)を取り上げてみます。『思い出トランプ』は向田の唯一の現代短編小説集、『神隠し』は藤沢の町人物に分類される時代短編小説集で、前者が昭和55年、後者が昭和54年と、ほぼ同じ頃に単行本として出版されたものです。両者の設定は大きく違っていても、登場人物たちの生き方や人間関係の描き方に注目すると、その倫理や作風には見事なほどの共通点が浮かび上がってきます。
半沢幹一先生による文学講座です。向田邦子と藤沢周平という二人の人気作家に共通する魅力を、向田邦子『思い出トランプ』と藤沢周平『神隠し』から考える全2回の講座です。

受講料会員1,000円 一般2,000円(2回分)
催しコード19
催し名 歴史講座「金銭出入帳にみる 江戸時代中期農家の暮しぶり」
日時平成30年2月27日(火)、3月6日(火)、13日(火)、27日(火) 午後1時30分~ 3時30分 [全4回]
会場八十二別館  4階 AV研修室  (長野市岡田 178-13)
講師

尾崎 行也(元長野県立歴史館専門員)

定員80名
概要

尾崎先生による新シリーズの歴史講座がスタートします。

寛政4年(1792)、佐久郡春日村(現佐久市春日)の清水忠直(通称、儀右衛門)が記録した「金銭出入帳」は、日々の金銭出納簿で、日常生活に関わる買物をはじめ、その日の賄いや無尽・時貸し(金融)についての記録などを含んでいます。それらは江戸時代中期農家の物品、金銭をめぐる村内や地域社会との交流の様子を物語っています。
帳簿の具体的な内容を紹介しながら、それらの解明を試みたいと思います。

受講料会員2,000円・一般3,500円(4回分)
催しコード21
お申し込み
催し名 第317回 クララ・シューマン 私の愛したヨハネス・ブラームス
日時2018年2月23日(金) 午後6時30分開演
会場八十二別館1階ロビー
出演

堤郷子(ピアノ)
細川奈津子(ヴァイオリン)
塚田美樹(ソプラノ)
いいづな山妖精協会(マリオネット操作・台詞)

曲目

トロイメライ(ロベルト・シューマン)
ハンガリー舞曲(ヨハネス・ブラームス)
美しく青きドナウ(ヨハン・シュトラウス二世)
愛の夢(フランツ・リスト)
F.A.Eソナタよりスケルツォ(ロベルト・シューマン)
ほか
※都合によりプログラムの変更をする場合がございます

概要

シューマンの妻クララに扮した操り人形(マリオネット)が、友人ブラームスとの思い出を語り、親交のあった魅力的な演奏家とのエピソードや曲を紹介します。音楽を交えた人形劇をお楽しみください。

入場料入場無料
お申し込みお申し込みは不要です。
催し名 コンサート 青薔薇海賊団 早春の大町公演
日時2月25日(日)14:00 開演
会場大町市文化会館 大ホール(大町市大町1601-2)
出演

井ノ上 了吏(テノール)、上原 正敏(テノール)、片寄 純也(テノール)
川口 静華(ヴァイオリン)、荒 庸子(チェロ)、北村 晶子(ピアノ・編曲)
【賛助出演】
北アルプス第九を歌う会、大町市少年少女合唱団、大町北小学校合唱部、まつもと市民オペラ合唱団、Ogozze(松田 紫帆、川崎 妃奈子)

曲目

・星は光りぬ(トスカより)
・人知れぬ涙(愛の妙薬より)
・花の歌(カルメンより)
など

定員1144人
概要

青薔薇海賊団 春の大町公演 春は名のみの~大町オペラの開演です!

「青薔薇海賊団」とは、日本最大のオペラ団体「二期会」が誇る3人のテノールが、女性トリオの演奏の元に歌いまくるコンサートです。
普段は主役を演じている歌手が年に一度集まり、やるのなら楽しくやろうぜというコンサート。
その実力は国際コンクールやオペラ公演等でお墨付き!
有名オペラアリアはもちろん、映画音楽や軟らかい物まで歌います。聞かせます。
オペラファンから初心者までどなたが聞いても大丈夫。
あなたのクラシックコンサートのイメージが変わります!
暑苦しいテノールが3人、爽やかな演奏家3人の女性に導かれて、新緑の大町にやってきます!

平成26年3月弊財団主催の「モーツァルト レクイエム」にソリストとして、また、平成27年の長野公演、平成28年の塩尻公演に続き、今回大町市文化会館様のご協力により再公演が実現しました。

入場料友の会会員2,000円、一般3,000円、学生(高校生以下)1,000円
(全て税込・全席自由)
催しコード20
お申し込み
催し名 藤森照信文化講演会
日時2018年3月17日(土) 午後2時~3時30分 (開場/午後1時30分)
会場茅野市民館コンサートホール (茅野市塚原1-1-1)
講師

藤森照信(建築家・建築史家・東京都江戸東京博物館館長)

演題

自然を生かした建築のつくり方

定員280人(申込先着順)※聴講券をお送りいたします。下のお申込みボタンよりお申込みください。(1回のお申込みにつき3名様までのお申込みとさせていただきます))
概要

◆藤森照信さんは「高過庵」「空飛ぶ泥舟」「低過庵」と名付ける茶室をはじめ、自然素材と科学技術を融合させた独創的な建築を多数設計されています。また、弊財団機関誌『地域文化』において巻頭で連載をしていただいています。今回は、藤森さんのご出身である茅野を会場に、自然を生かした建築のつくり方についてお話いただきます。

入場料無料
催しコード22
お申し込み
 1   2 

▲ページの先頭に戻る