八十二文化財団秋の企画展
没後15年 沓掛利通展

展覧会の詳細

展覧会名八十二文化財団秋の企画展
没後15年 沓掛利通展
会期2018年10月13日(土)~11月4日(日)
※会期中無休・入場無料
場所長野市岡田178-13 八十二別館1階 ギャラリー82
概要

八十二文化財団の毎秋恒例の企画展。
今年は、青木村の洋画家「沓掛利通展」を開催します。

沓掛利通は、旅館業経営のかたわら、春陽展を中心に作品を発表し続け、91歳で没する直前まで郷土の自然や風景を描き続けた洋画家です。その画は現代絵画を思わせる色彩と造形を特長としています。
今回の展覧会では、これまで東信地区や春陽会中心に知られてきたこの作家を、広く紹介し、同画伯の再顕彰をはかります。

会期中には下記のとおり講演会等を開催します。いずれも申込不要・受講無料です。

◎ 講演会 「春陽会と信州」※終了いたしました
講師 長野県信濃美術館 田中 正史 学芸課長
10月14日(日)14:00~  八十二別館4階AV教室

◎ 浦野吉人氏(春陽会々員)によるギャラリートーク※終了いたしました
10月20日(土)14:00~  ギャラリー82

◎ 大井喜久氏(画家)によるワークショップ
10月27日(土)14:00~  ギャラリー82


《雪の村》

M100
第48回春陽展出品
上田市立丸子郷土博物館蔵

《初秋風景》

F40
個人蔵

《上田橋》

M20
上田市立丸子郷土博物館蔵

ギャラリー82入館案内
所在地長野市岡田178-13 八十二別館1階
開館時間平日 9:30~18:00
土・日・祝日 10:00~17:00
※最終日は作品搬出の都合で閉館時間が早まる場合があります
休館日月曜日
年末年始
入館料無料
お問い合わせTEL.026-224-0511 または
お問い合わせフォームより

▲ページの先頭に戻る