八十二文化財団企画展

令和元年度(2019) 企画展

八十二文化財団では、長野県にゆかりのある作家をとりあげ、ギャラリー82で毎年企画展を開催しています。

展覧会名 生誕120年 堀内唯生 展
会期2019年10月12日(土)~11月4日(月・祝)
※会期中無休・入場無料
概要

八十二文化財団の毎秋恒例の企画展。
今年は、諏訪郡玉川村(現・茅野市)出身の洋画家「堀内唯生」を紹介します。

堀内唯生は、中川一政が描いた一枚の絵に感銘を受け、教員を辞して上京、中川一政に師事しました。以来、春陽展に入選を続けましたが、故郷に疎開後は、農業をしながら作画に務めました。戦後も、中央の画壇とは離れ、文字通り農業と作画に"唯生きる"生活を送っています。

一枚の絵に感動して画家となり、一生に一枚でいいから自分がいいと思う絵を描きたいと絵筆を振るった堀内唯生の、57年の画業を振り返ります。

ギャラリー82入館案内
所在地長野市岡田178-13 八十二別館1階
開館時間平日 9:30~17:00
土・日・祝日 10:00~17:00
※最終日は作品搬出の都合で閉館時間が早まる場合があります
休館日月曜日
年末年始
入館料無料
お問い合わせTEL.026-224-0511 または
お問い合わせフォームより

▲ページの先頭に戻る