八十二文化財団創立30周年記念企画展
信州ゆかりの作家と日本美術院

展覧会の詳細

展覧会名八十二文化財団創立30周年記念企画展
信州ゆかりの作家と日本美術院
会期2015年10月10日(土)~11月1日(日)
※会期中無休
場所長野市岡田178-13 八十二別館1階 ギャラリー82
概要弊財団の創立30周年記念の特別企画展です。
日本美術院の創立期から今日に至るまでの、同院に関係した信州ゆかりの作家・作品と、現在、日本美術院で活躍している信州ゆかりの作家・作品を、日本美術院の歴史を振り返りながらご紹介します。
作品は約30点を予定しています。

《展示する作家》
・前期日本美術院・・・菱田春草、西郷孤月
・再興日本美術院 洋画部・・・倉田白羊、山本鼎、村山槐多
・彫刻部・・・石井鶴三、武井直也、中村直人
・疎開作家・・・奥村土牛、中島清之
・戦後~現代の作家・・・荘司福、長谷川青澄
・現役作家・・・倉島重友、中島千波


10月19日に荘司福の命日をむかえ、荘司福のご子息のご厚意により、急遽、追加で日本画と素描の展示が叶いました。荘司福を偲んで展示致します。
24日(土)には、素描作品を展示替えいたします。


【教養セミナー】 ※終了しました
「日本美術院の百年と信州の作家たち」
講師:茨城大学小泉晋弥教授
10月11日(日)13:30~15:30
※申込不要

◇小泉晋弥教授のプロフィール◇
1953年福島県生まれ。
東京芸術大学美術学部芸術学科卒業、同大学院美術研究科修了。
現在茨城大学教育学部教授。
専門は近現代美術史、美術教育学、博物館学。著書に『岡倉天心と五浦』『岡倉天心アルバム』(中央公論美術出版)など。

菱田春草

「自画像」

山本鼎

「翔」

中島清之

▲ページの先頭に戻る