-重厚なマチエール・彩色の美学- 平沢喜之助展

展覧会の詳細

展覧会名-重厚なマチエール・彩色の美学- 平沢喜之助展
会期2003年10月18日(土)~11月9日(日) ※会期中無休
場所長野市岡田178-13 八十二別館1階 ギャラリー82
概要 平沢喜之助は大正8年(1919)上伊那郡宮田村に生まれ、伊那谷の美しい自然のなかで少年時代から夢中になって絵を描いて育ちました。帝国美術学校洋 画科に学び、兵役を経て再び絵画の道を志し、一水会展、双台社展に入選するとともに、代々木絵画研究所の講師も勤めました。その後、中川紀元に師事し、小 泉清のフォーヴとの出会い、朝井閑右衛門の知遇を得て、作品は内面の追求へと変化、昭和37年(1962)大調和会復活第1回展に、武者小路実篤らと参 加、以後、大調和会展や「新しき村」美術展へ出品しました。
 平沢の作品は、重厚なマチエールと濃密な色彩に彩られ、不思議な沈みと深い輝きをたたえています。人間の苦悩と哀愁をたたえた人物画も見る人を引きつけ ます。今回の企画展では、孤高の人といわれ、平成6年(1994)75歳で没した平沢芸術の初期から晩年までを、多くの資料とともに紹介します。

「えかき」

1970年
91.3×73.0cm

「よりかかる」

1977年
60.7×45.5cm

「薔薇」

1986年
73.0×91.0cm

▲ページの先頭に戻る