桜井 寛 展

展覧会の詳細

展覧会名桜井 寛 展
会期2001年10月20日(土)~11月11日(日) ※会期中無休
場所長野市岡田178-13 八十二別館1階 ギャラリー82
概要 桜井寛さんは昭和6年(1931)南佐久郡臼田町(現佐久市)に生まれ、県立野沢北高校から東京教育大学(現筑波大学)に入学し、昭和30年に同大学を卒業しました。現在は武蔵野美術大学教授で、来年春に退任されます。同大学では非常勤講師の時から29年間後進の指導にあたりました。
 桜井さんは学生時代の20才のときに第19回独立美術協会展に初入選し、以降同会の独立賞を2回受賞、36才のとき独立美術協会会員となり、独立展を中心に活動を続けています。
 本展では、桜井さん自選の初期から近作まで、油彩作品30点とニューヨーク滞在中のデッサン13点を紹介いたします。使い古したトランク、牛乳瓶、手あかでよごれた本、目だま焼きなど身のまわりのものを題材に描いています。桜井さんは「"もの"をみつめるという、リアリティを極めるところに、幻想があらわれてくる」と語って、黒を基調とした重厚な画面で独自の世界観を表現しています。

さくらい ひろし
1931年   長野県南佐久郡臼田町(現佐久市)に生まれる
1950年   長野県立野沢北高校を卒業
1955年   東京教育大学(現筑波大学)を卒業
1963年   独立美術協会展で独立賞を受賞
1966年   〃
1967年   独立美術協会会員になる
1992年   武蔵野美術大学教授になる
2001年10月現在、武蔵野美術大学教授、独立美術協会会員、長野県展審査員スペインを中心にヨーロッパやアメリカでの在外経験をもつ

シュミーズの女

1987年
162.1×112.1cm

鞄のある静物

1992年
116.7×91.0cm

二つのフライパンのあるテーブル

1999年
116.7×91.0cm

▲ページの先頭に戻る