脇田 和 素描展

展覧会の詳細

展覧会名脇田 和 素描展
会期1990年11月7日(水)~11月25日(日) ※会期中無休
場所長野市岡田178-13 八十二別館1階 ギャラリー82
概要脇田和画伯の油彩・水彩・ガッシュはじめ、ペン画・鉛筆画など70点を展示。軽井沢にある脇田美術館のお披露目展をかね松本市の日本民俗資料館と共催事業として開催しました。

 脇田和は若くして渡独、ベルリン国立美術学校に学んだ。帰国後光風会員をへて、猪熊弦一郎、小磯良平らと新制作派協会を結成、終始独自の画風を追求してきた。
 子どもや鳥をモチーフにした作品はもの柔らかで、暖かく、深いところから語り掛けてくる感動がある。「アトリエにこもって、一人ぼっちにならないと、良 い絵は描けません。人間はあまえますからね。自分に厳しくないとだめなんです。だから仕事場は大事。これは自分で努力して、描ける環境をつくるしかないん です。」良い絵を描くためには絵以前のことが大切。良く生きなければと自戒し、この道一筋に精進している。

赤い壁

1971年/ガッシュ

ファミリー

1977年/油彩・水彩

兄弟

1986年/油彩・リキテックス

▲ページの先頭に戻る