催し

教養講座 一覧

 1   2 
催し名 【満席御礼】教養講座「村を挙げて満洲へ 描かれた大日向村」
日時7月31日(火)・8月 21日(火) 午後1時30分~3時30分[全2回]
会場佐久市佐久平交流センター情報研修室・視聴覚室(佐久市佐久平駅南4-1)
講師

伊藤純郎(筑波大学人文社会系歴史・人類学専攻長・教授)

演題

第1回「満州分村神話と小説『大日向村』」
第2回「新劇・映画・紙芝居で描かれた大日向村と満州」

定員60名
概要

満員御礼*申込受付を締切りました。

戦争が終わり、今年の夏で73年を迎えます。今年は伊藤純郎先生をお招きし、地域の歴史をひもとく講座を開催します。
受講者の皆さんへ ~講師からのメッセージ~
 南佐久郡大日向村(現佐久穂町大日向)は、わずか2年という短期間で村単独で200戸から300戸を満州(中国東北部)に移住させ、独立した分村である満州大日向村を建設する「単村式満州分村」を日本で最初に実行した村で、「満州分村」のモデルとして、小説『大日向村』、劇団前進座新劇「大日向村」、東宝映画や紙芝居「大日向村」などで全国に喧伝されました。
本講座では、80年前の本隊出発(1938年7月)から浅間山麓への再入植と昭和天皇の巡幸(1948年10月)までの10年間を対象に、大日向村の満州分村の実態と創られた神話について、メデイアの視点から考えたいと思います。
(佐久市佐久平交流センター共催)

受講料会員1,000円・一般2,000円(2回分)
催しコード10
催し名 教養講座「信州の若者とハリウッド映画
ビートルズ(昭和30、40年代)」
日時8月2日(木)、30日(木) 午後2時~3時30分 [全2回]
会場安曇野市豊科交流学習センター「きぼう」 多目的交流ホール
(安曇野市豊科5609-3)
講師

飯岡詩朗(信州大学人文学部准教授)
小松芳郎(松本文書館特別専門員)

定員80名
概要

昭和30年代後半~40年代前半は、西洋文化が、映画、ラジオ、TVなどのメディアを通じて、急激に日本に流入し、信州も例外ではありませんでした。その結果、生活スタイル、習俗は、徐々に西洋化していきました。
当時の若者に、多くの影響を及ぼした、ハリウッド映画、ビートルズを題材に、その時代の世相を振り返ることにより、昭和中期を西洋文化の切り口で考察します。

受講料会員1,000円、一般2,000円[2回分]
催しコード11
お申し込み
催し名 シリーズ『地域文化』を読む 四季のうた(諏訪会場)
日時2018年9月5日(水)、10月3日(水)、11月7日(水) 午後1時30分~3時30分[全3回]
会場1・2回目:諏訪市文化センター 1階 第1集会室(諏訪市湖岸通り5-12-18)   ※3回目は 2階 第2集会室で開催します
講師

堀井正子(近代文学研究家・SBCラジオ「武田徹のつれづれ散歩道」レギュラー)

内容

第1回 芥川龍之介 「沙羅の花」
第2回 島崎藤村   「初恋」
第3回 種田山頭火 「歩けばカッコウ」

※第1回と第2回の内容は4月・5月に長野会場で実施した内容と同一です。

定員80名
概要

信州の四季折々の表情を、さまざまな作家たちがのこしてくれました。詩、短歌、俳句、表現の形はさまざまですが、感性豊かな芸術家のことばを通して、私たちも、信州の自然風土への愛を深めていきたいと思います。
(諏訪市・諏訪市教育委員会後援)


※「シリーズ『地域文化』を読む」について
◆長野県の風土、伝統、自然、文化、産業、自然などを紹介している機関誌『地域文化』は昭和62年3月の創刊から現在は124号まで発刊されています(年4回刊)。友の会会員の皆様には発行のつど無料でお送りしています。
◆このシリーズの教養講座では、過去に『地域文化』で取り上げた内容について深掘りし、理解を深める機会としたいと思います。
◆講座の資料はお配りいたしますが、講座に関連する内容の『地域文化』バックナンバーをご希望の方は 1冊 本体328円+税 (送料実費) で販売しております。ご希望の方は八十二文化財団までお申込みください。

受講料会員1,500円、一般3,000円 (3回分)
催しコード13
お申し込み
催し名 教養セミナー「金銀出入帳にみる 江戸時代中期農家の暮しぶり」
日時9月11日(火)午後1時30分~ 3時30分
会場伊那市生涯学習センター5階 研修室(伊那市伊那3500-1 いなっせビル)
講師

尾崎行也(元長野県立歴史館専門員)

定員60名
概要

寛政4年(1792)、佐久郡春日村(現佐久市春日)の清水忠直(通称、儀右衛門)が記録した「金銭出入帳」は、日々の金銭出納簿で、日常生活に関わる買物をはじめ、その日の賄いや無尽・時貸し(金融)についての記録などを含んでいます。それらは江戸時代中期農家の物品、金銭をめぐる村内や地域社会との交流の様子を物語っています。
帳簿の具体的な内容を紹介しながら、それらの解明を試みたいと思います。
(伊那市教育委員会後援)

聴講料無料(要申込み)※聴講券をお送りします。下のお申し込みボタンからお申し込みください。
催しコード14
お申し込み
催し名 古文書解読講座 初級編
日時9月18日(火)、10月23日(火)、11月20日(火)、12月18日(火)午後1時30分~3時30分 [全4回]
会場八十二別館 4階 AV研修室(長野市岡田178-13)
講師

尾崎行也(元長野県立歴史館専門員)

定員80名
概要

江戸時代は文書(もんじょ)の時代ともいわれ、地域に多くの古文書が残されています。しかし、近時の社会変動で、それらの古文書が失われ、私たちの過去が見えなくなってきています。古文書解読を通じて、自分たちの歴史を解明し、さらに史料の保存をすすめましょう。
今年の講座では、「初級~中級」レベルを目標に、さまざまな近世文書の解読を試みたいと思います。

受講料会員2,000円 一般3,500円[4回分]
催しコード15
お申し込み
 1   2 

▲ページの先頭に戻る