野花の詩写真美術館 ノバナノウタシャシンビジュツカン

前のページへ戻る

美術館 2000開館

ヨーロッパ風で延べ面積132平方メートルの建物(2階建)に、写真家・斎藤和夫が撮影した、主に信州の野花たちを「うつりゆく四季の詩」シリーズとして約60点を展示。野花の詩的で幻想的、神秘的でさえある美しさを知ってほしいと、四季折々に展示替え(年3回)し、外国取材の花々の写真も展示している。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 10%割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

長野市松代町清野1948地図
TEL.026-278-7235
http://www7.ocn.ne.jp/~nobana/


開館時間10:00~17:00
入館料一般(高校生以上)300円、小・中学生200円、15人以上団体割引あり(10%割引)
休館日火・水曜日、11月16日~3月31日
主な収蔵品写真約3,000点、フィルム約31,000枚
附属施設
収容人員
交通案内JR長野駅から車で20分、JR長野駅東口バス乗場からアルピコ交通バス松代行き「松代八十二銀行前」下車徒歩15分、上信越自動車道長野ICから車で5分
駐車場普通13台

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る