ウインドギャラリー

八十二別館ビル 南側ウインドーで、企画展示をしています。

「きしり彫 かたちと心」

 八十二別館1階南側ウインドーを利用し、木彫作品「きしり彫 かたちと心」を展示しています。
 きしり彫は、長野市鬼無里在住の木彫作家 高橋敬造さんによる天然木を利用したオブジェクト。今回展示の作品は、寄り添う親子鹿や、天空を仰ぐ若人など、木の持つ自然の持ち味に作家の意匠が反映された4点です。どうぞご覧ください。
 掲載の写真は、高橋敬造さんとその制作現場、道具の数々です。

クリックで拡大します

 

クリックで拡大します

 

クリックで拡大します

 

 

 

 

 

 

▲ページの先頭に戻る