催し

催しの詳細

催し名 歴史講座「金銀出入帳にみる 江戸時代中期農家の暮しぶり(貮)」
日時2019年2月26日(火)、3月6日(水)、12日(火)、26日(火)午後1時30分~ 3時30分[全4回]
会場八十二別館  4階 AV研修室  (長野市岡田 178-13)
講師

尾崎 行也(元長野県立歴史館専門員)

定員80名
概要

天明4年(1784)、佐久郡春日村(現佐久市春日)の岡部弥右衛門が記録した「金銀出入帳」は、日々の金銭出納簿で、日常生活に関わる買物をはじめ、その日の賄いや無尽・時貸し(金融)についての記録などを含んでいます。それらは江戸時代中期農家の物品、金銭をめぐる村内や地域社会との交流の様子を物語っています。
帳簿の具体的な内容を紹介しながら、それらの解明を試みたいと思います。

受講料会員2,000円・一般3,500円(4回分)
催しコード29
お申し込み

▲ページの先頭に戻る