催し

催しの詳細

催し名 【満席御礼】古典文学講座 『徒然草』に学ぶ豊かな生き方―兼好の処世術―
日時10月30日(火) ・11月27日(火) ・12月25日(火) 午後2時~4時〔全3回〕
会場松本市勤労者福祉センター 3階 3-3会議室(松本市中央4-7-26)
講師

西 一夫(信州大学教育学部教授)

演題

第1回 中世的な美的世界―新たな美しさの発見―
第2回 波乱の時代を生き抜く―冷静に社会を捉える目―
第3回 身を助ける術―学問・技術を磨く―

定員60名
概要

【満席御礼】好評につき定員に達したため申込受付を終了いたしました。
中世文学を代表する作品の一つである吉田兼好の『徒然草』には、さまざまな話題が盛り込まれています。そうした章段を「美意識」「人生訓」「技芸論」の3つに区分して兼好の思いや考えを捉えようと思います。中世と言う波乱の時代を生きた兼好の思いや考えは、現代の私たちにも共感できるものがあります。それぞれの章段を通して明日に繋がる兼好の考えを手に入れましょう。

受講料会員1,500円、一般3,000円[3回分]
催しコード20

▲ページの先頭に戻る