催し

催しの詳細

催し名 方言学講座
信州の方言 -消えていくことば、生きつづけることば-
日時12月13日(木)、1月10日(木)、24日(木)
会場松本市勤労者福祉センター 3-3会議室 (松本市中央4-7-26)
講師

第1回 沖 裕子(信州大学人文学部教授)
第2回 小池博子(八十二文化財団)
第3回 大橋敦夫(上田女子短期大学教授)

演題

第1回 信州人の敬語
第2回 一茶の感じた‘寒さ’
第3回 おもしろ信州方言学

定員50名
概要

信州の暮らしを支える私たちのことばを考えてみましょう。隣近所の人とどのようにコミュニケーションをとっていますか?江戸時代の一茶はどのように信州の寒さを感じ俳句に表現したのでしょうか?今一番使われている信州の方言の横綱はなんでしょうか?
消えていくことば、生きつづける私たちのことばを考えていきます。

受講料会員1,500円 一般3,000円
催しコード23
お申し込み

▲ページの先頭に戻る