催し

催しの詳細

催し名 水野信行とN響メンバーの夕べ
日時10月19日(日) 午後2時開演(午後1時30分開場)
会場ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)中ホール
出演

指揮&ホルン/水野 信行
オーボエ/青山 聖樹
クラリネット/三井 崇裕
ファゴット/佐藤 由起
コンサートマスター/森下 幸路
オーケストラ/アンサンブル・ノーヴァ

曲目

W.A.モーツァルト・・・オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットと管弦楽のための協奏交響曲 変ホ長調 K.297b(K.Anh.C14.01)
J.ビゼー・・・交響曲ハ長調    他

概要

水野 信行(指揮&ホルン・須坂市出身)
1948年8月9日生まれ。長野県立須坂高校在学中よりホルンを始め、1970~75年ドイツ・デトモルト音楽大学に留学。1973年ドイツ・ホッホシューレ・コンクール(ホルン部門)第2位入賞。1983年ロンドン王立音楽院にてアソシエート・ディプロムを取得。谷中甚作、M.ツィラー、M.ヘルツェル、P.ダム、H.バウマンの諸氏に師事。
1975~80年ドイツ・アーヘン市立歌劇場管弦楽団首席ホルン奏者、1980~2003年迄ほぼ四半世紀にわたり、バンベルク交響楽団首席ホルン奏者を務める。同僚からはもとより、E.ヨッフム、W.ロヴィツキー、H.シュタイン、G.ヴァント、H.ブロムシュテット、V.ノイマン、G.シノポリ、といった著名な指揮者からも厚い信頼を得て過ごした、充実した時期である。オーケストラ活動以外にも様々な室内楽に参加し、これまで演奏して廻った国は50ヶ国を越す。
日本ではサイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団で長年にわたりトップ奏者として活躍。草津夏期国際音楽アカデミー&音楽祭では度々講師を務める。
33年間のドイツ生活を終え、2003年4月に帰国。現在は、東京音楽大学教授、沖縄県立藝術大学講師、東京藝術大学講師(2004~07年)として後進の指導にあたっている。

入場料(全席自由・税込)会員2,000円、一般3,000円、学生(大学生以下)1,000円   ※未就学児童の同伴は事前にお問い合わせください
催しコード19

▲ページの先頭に戻る