清水寺の仁王門・三重塔・大日堂跡 セイスイジノニオウモン サンジュウノトウ ダイニチドウアト 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別市-指定-史跡
内容社寺の跡
指定年月日昭和 42/11/01
時代区分鎌倉時代
年代鎌倉中期-江戸初期
作者 
所在地長野市若穂保科1945ほか(清水寺)
寸法・材質・形状 
概要解説清水寺の創建は征夷大将軍坂上田村麻呂によると伝えられ、堂塔をそろえた大寺であったが、大正5年の火災ですべてを焼失した。
交通案内JR長野駅から車で30分、JR長野駅から保科温泉行バス清水寺大門下車徒歩5分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る