東横田の虫送り行事 ヒガシヨコタノムシオクリギョウジ 

前のページへ戻る

選択無形民俗文化財

指定区分・種別市-選択-選択無形民俗文化財
内容年中行事(無形民俗)
指定年月日平成 28/03/08
時代区分江戸時代
年代江戸時代
作者
所在地長野市篠ノ井横田東横田区
寸法・材質・形状
概要解説毎年8月4日(平成28年より8月第1日曜日)に地区の子ども達によって地域行事として行われている。虫送りは、農作業に伴う病虫害駆除のために害虫を村外に追い出す行事として全国各地で行われ、長野市内でも広く行われていたが、現在、虫送り行事が残っている地域はわずかである。虫送りを地域にふれ歩く際に「なのむしおくれ」と唱えてまわる。村境の岩野橋のたもとで松明を焚き、橋の中ほどでこの虫かごを燃やして千曲川に流して終わる。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る