中房温泉本館菊 ナカブサオンセンホンカンキク 1棟

前のページへ戻る

登録有形文化財

指定区分・種別国-登録-登録有形文化財
内容登録・産業三次(交通・通信・商業・金融保険・サービス業)
指定年月日平成 23/07/25
時代区分明治時代
年代明治中期
作者
所在地安曇野市穂高有明7226
寸法・材質・形状桁行13m、梁間5.4m、木造2階建、切妻造、鉄板葺
概要解説有明山腹に位置する温泉施設。東西棟で、西側に平屋建の浴場を付設。各階とも南側に縁を通し、4室の和室を配する。南面は全面を開放的に扱い、1階を掃き出し、2階を窓とする。近代の湯治場建築の好例。
交通案内JR大糸線穂高駅から車で60分、長野自動車道安曇野ICから車で80分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る