真宗寺方便法身尊形 シンシュウジホウベンホッシンソンギョウ 1幅

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容絵画
指定年月日平成 19/06/06
時代区分室町時代
年代1542年(天文11)
作者
所在地飯山市南町22-17(真宗寺)
寸法・材質・形状縦83cm、横34cm 紙本、彩色、切金
概要解説紙本、彩色、切金、縦83センチメートル、横34センチメートル。本画は裏書から、願主祐顕が証如(11世法主)から下付された事が分かる。また、真宗寺が越後国頸城郡宮口村にあったことがわかる。このことから、真宗寺が戦国の戦乱を避けるため及び一向宗を拡大するなどの理由により、信濃国を離れていたことが伺える、貴重な史料である。
交通案内JR飯山線飯山駅から徒歩5分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る