小俣諏訪社本殿 コマタスワシャホンデン 1棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容神社建築
指定年月日平成 15/02/26
時代区分江戸時代
年代1786年(天明6)
作者
所在地松本市笹賀小俣1822に隣接
寸法・材質・形状間口約1間、一間社流造、銅板葺
概要解説彫刻等から大工棟梁は諏訪の名工柴宮長左衛門と確定できる。大隅流の本殿として、彫刻等の表現が最も充実したものの一つで、本殿建築の様式変化の過程に示唆を与える県内でも貴重な作品。
交通案内長野自動車道塩尻北ICから車で10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る