小野神社 オノジンジャ 4棟

前のページへ戻る

県宝

指定区分・種別県-指定-県宝
内容神社建築
指定年月日平成 04/09/10
時代区分江戸時代
年代1672年(寛文12)
作者
所在地塩尻市北小野175-1
寸法・材質・形状本殿2棟-白木造、一間社流造、銅板葺 八幡宮本殿-白木造、一間社流造、見世棚造、銅板葺 勅使殿-白木造、切妻造、銅板葺
概要解説創立時期は不明。中世以降は矢彦神社(辰野町)とあわせて小野南北大明神と称せられ、信濃国の二の宮として崇敬を集めた。現存社殿は寛文12年の類火による焼失のあと松本藩により再建されたもの。
交通案内JR中央東線小野駅から徒歩10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る