小笠原氏城跡 オガサワラシジョウアト 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別県-指定-史跡
内容城跡
指定年月日昭和 45/10/22
時代区分室町時代
年代室町-戦国時代
作者 
所在地松本市里山辺5259ほか
寸法・材質・形状 
概要解説主たる構成城跡は、平成29年に国史跡「小笠原氏城跡」として指定される。それにより県史跡は林小城跡、埴原城跡、山家城跡、桐原城跡によって構成される。林小城跡は、信濃守護として当地に臨んだ小笠原氏が林大城とともに築城したと伝わる城で、鉢巻状の石垣を巡らせた主郭や堀切、畝状竪堀が特徴的な山城である。
交通案内JR篠ノ井線松本駅から車で15分

追加指定情報

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る