カタナ 1口

前のページへ戻る

県宝

指定区分・種別県-指定-県宝
内容金工品
指定年月日昭和 41/03/17
時代区分江戸時代
年代1849年(嘉永2)
作者源 清麿
所在地佐久市瀬戸
寸法・材質・形状長さ70.2cm、反り1.9cm
概要解説清麿は豪快な作品が多いが、これはやや細身で優しい姿をしめしている。清麿絶頂期の作品で、しのぎ地に2本樋(刀の身の棟よりの側面につけた細長い溝)を掻いているが、これも本作が、入念の作であり、会心の作であることを物語っている。作刀中、二筋樋とこのような定寸のものは少ない。地景がふんだんに働いて、地刃共に青く冴え、刃文腰の開いた瓦の目乱、殊に中程から物打ちにかけて複式の辺二重刃となり、鑑ごたえがある。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る