信濃国分寺跡 シナノコクブンジアト 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別国-指定-史跡
内容社寺の跡
指定年月日昭和 05/11/19
時代区分奈良時代
年代奈良時代
作者 
所在地上田市国分
寸法・材質・形状全面積129,340平方メートル 
概要解説発掘調査により、僧寺の中門・金堂・講堂・回廊・塔・僧坊などの建物跡、尼寺の中門・金堂・講堂・回廊・経蔵・尼坊・北門などが発見された。全国でも、僧坊と尼寺が並んで発見され、史跡として整備された事例は、信濃国分寺跡が最初とされている。
交通案内JR・しなの鉄道上田駅から車で10分

追加指定情報

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る