島木赤彦住居(柿蔭山房「赤松・クルミ」を含む) シマキアカヒコジュウキョ シインサンボウ 

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別町-指定-有形文化財
内容住宅建築
指定年月日昭和 57/03/26
時代区分江戸時代
年代文政年間
作者 
所在地諏訪郡下諏訪町高木9180
寸法・材質・形状アカマツ材(くるみの木を含む)
概要解説島木赤彦が晩年をここで過ごした。安政の「家中分限帳」に「御徒土十六俵二人扶持久保田喜惣左衛門」とあり、元は士族屋敷、土蔵は文政4年のもの。
交通案内JR中央東線下諏訪駅から車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る