機関誌「地域文化」

「地域文化」は昭和62年3月から年4回発行しています。毎号、長野県に関係の深い人物・産業・自然などを特集で紹介しています。

最新号

No.116(2016春)-水の恵み- 「仁科三湖」

PDFファイルをご覧いただくためには Adobe Reader が必要です。下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

豊富な水資源と緑豊かな里山、変化の多い気象と複雑な地形の融合が織り成す信州の文化。「水の恵み」特集、本号では大町市の仁科三湖(青木湖・中綱湖・木崎湖)に焦点をあて、仁科三湖周辺の自然や歴史、湖と人とのかかわりなどに着目していきます。

INDEX
【特集】

不思議に満ちた仁科三湖の自然/倉科 和夫(大町市文化財保護審議委員)

湖とともに、魚とともに(青木湖漁業協同組合 大町市)

仁科三湖がある風景と大糸線・簗場駅の盛衰/扇田 孝之(「梅棹忠夫・山と探検文学賞委員会」委員)

対談 伝統と革新が出会い 人が出会う場 仁科三湖/
荒井 和比古(仁科路研究会会長)× 杉原 信幸(美術家・原始感覚美術祭アートディレクター)

【連載】

巻頭 御柱祭/藤森 照信(建築史家・建築家)

信州美術散歩「春、澄みわたる のどけさ」/岸田 惠理(美術評論家)

四季のうた「初恋」/堀井 正子(文学研究家)

信州の文化の基層「故郷を詠む一茶」

信州シルク文化史探訪「天蚕の輝きを後世に伝える安曇野市天蚕センター」

友の会さろん

ゆたかなる地域のことば-地貌季語を楽しむ-
 「木の根明く(きのねあく)」/宮坂 静生(俳人)

「地域文化」のお申し込みについて

「地域文化」は八十二文化財団友の会会員の皆さまに無料でお送りしています。また、バックナンバーは1冊328円+消費税(送料別)でお頒けしています。

  • ●お申し込みは、ハガキ・FAX・フォーム・Eメールで受け付けています。
  • ●ご希望の号・冊数・住所・氏名・電話番号をご記入のうえ、八十二文化財団までお申し込みください。
  • ●送料は実費となります。
  • ●代金は、同封の振込書にて指定口座へお振込みください。

※なお、下記の号は在庫がありませんので、ご了承ください。

案内号
創刊号
Vol.2~No.31
No.35 浅間山
No.36
No.37 常念岳
No.38 中山晋平
No.39
No.41 諏訪湖
No.42 スポーツⅠ
No.43 スポーツⅡ
No.44 藤原咲平
No.52
No.56 戸隠
No.58
No.59 信州の温泉
No.63 漆塗る里
No.64 研成義塾
No.65 信州の宮大工
No.67 天竜川
No.70 信州の『食』 -ところかわれば-
No.74 お蚕さま
No.75 『千曲川・信濃川』 -水系の暮らし-
No.79 -直して使う-『修理する匠たち』
No.83 -職人の五感が冴える- 『冬を彩る匠たち』
No.84 『交流』-次の世代に引き継ぐ視座-
No.85 -いとおしむ想い- 『伝えゆく匠の技』
No.87 『地域間交流』 -人の心をつむぐ-
No.95 『次代に伝える』-雪国の暮らし-
お申し込み

「地域文化」専用ファイルのお申込みについて

「地域文化」専用ファイルは皆さまに販売しております。

1冊500円+消費税2冊800円+消費税
3冊1000円+消費税4冊以上1冊当たり300円+消費税

(いずれも送料別となります)

  • ●お申し込みは、ハガキ・FAX・フォーム・Eメールで受け付けています。
  • ●ご希望の冊数・住所・氏名・電話番号をご記入のうえ、八十二文化財団までお申し込みください。
  • ●代金は、同封の振込書にて指定口座へお振込みください。
お申し込み

▲ページの先頭に戻る