日本の貨幣の歴史

明治維新と通貨制度

幣制の混乱

明治新政府は当初、通貨制度を整備するまでのゆとりがなかったため、幕藩時代の金銀銭貨や藩札をそのまま通用させる一方、通貨不足解消のために自らも太政官札や民部省札などを発行し、さらには民間の為替会社にも紙幣を発行させました。このため、各種通貨間の交換比率が非常に複雑になり、また偽造金貨、紙幣も横行するなど通貨制度は混乱をきわめました。

円の誕生

新政府は貨幣制度の統一を目指して、明治4(1871)年に「新貨条例」を制定しました。金貨を貨幣の基本とし、単位も「両」から「円」にあらため、10進法を採用するというものです。もっとも本位貨幣である金貨とは別に外国との貿易用に貿易銀として1円銀貨を通用させたので、金本位制をうたいながら実質的には金銀複本位制が採られていました。

そして明治5(1872)年に、政府は旧紙幣を回収し、流通している紙幣を統一するために、新紙幣「明治通宝」を発行しました。当時の日本には技術がなかったことから、ドイツの印刷業者に原版の製造を依頼しました。このため、この新紙幣は「ゲルマン紙幣」とも呼ばれていました。

「明治通宝」に偽造が多発したことから、政府は明治14(1881)年にデザインを一新した改造紙幣を発行しました。わが国最初の肖像画入りの政府紙幣で、神功皇后の肖像が描かれています。肖像の作者はイタリア人だったため、肖像の風貌は外国女性風になっています。

政府は貨幣制度の統一を目指す一方で、近代的な銀行制度の確立をしていくために、アメリカのナショナルバンクをモデルに明治5(1872)年に「国立銀行条例」を制定しました。この条例にもとづき、全国で153の国立銀行が設立され、これら国立銀行には、一定の発行条件のもと、紙幣の発行権が付与されました。当初発行された国立銀行紙幣(旧券)は、政府がアメリカの会社に製造を依頼したものであったことから、当時のアメリカのナショナルバンク紙幣の様式と類似していました。明治10(1877)年には寸法や図柄が一新された紙幣(新券)が発行されました。

第十九国立銀行・第六十三国立銀行(共に八十二銀行の前身)で
発行されていた国立銀行紙幣

第十九国立銀行旧1円券

表面に「信濃・上田・第十九国立銀行」の文字が入っています。国立銀行券は、裏面に割印を押して発行していました。スペース82では、国立銀行券と割印をした発行紙幣記入帳を展示しています。

第六十三国立銀行新5円券

表面には、殖産興業の高まりを反映し、工業の象徴として鍛冶屋の絵が描かれています。裏面には「第六十三国立銀行」「信濃松代」の文字が入っています。
ちなみに新1円券の表面には海国日本を表徴した水兵の絵が描かれていました。

江戸時代の貨幣制度  日本銀行の設立

▲ページの先頭に戻る