折立長老の碑 オリタチチョウロウノヒ 1基

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別村-指定-史跡
内容
指定年月日平成 24/10/10
時代区分大正時代
年代1919年(大正8)
作者 
所在地下伊那郡天龍村折立
寸法・材質・形状 
概要解説元和年間(1681-1683)領主遠山土佐守景直の悪政に苦しむ遠山六ケ村と鹿塩、大河原の百姓は密議をしてお上に直訴すべく願文を「浄林寺」住職の長老様に頼むこととなった。ところが遠山氏の知るところとなり、住職は捕らえられ折立の地で拷問にかけられ死亡した。これに怒った領民は一揆を起こし遠山氏を滅亡させたと伝えられている。大正時代にこの話に心動かされた青年達が寄付を募りこの碑を建立した。
交通案内JR飯田線平岡駅から車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る