法燈国師宝篋印塔 ホットウコクシホウキョウイントウ 1基

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別村-指定-有形文化財
内容石造文化財
指定年月日昭和 54/04/01
時代区分鎌倉時代
年代鎌倉末期
作者 
所在地小県郡青木村下奈良本滝山
寸法・材質・形状高さ97cm 
概要解説滝山の国有林内、通称石塔尾根にある。永仁三年、滝山山中の寺地に臨済宗の皆神山龍泉寺を開創した高僧法燈円明国師の墓と伝えられる。
交通案内JR・しなの鉄道上田駅から車で30分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る