荒井原十王堂内の什物 アライハラジュウオウドウナイノジュウモツ 27点

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別村-指定-有形文化財
内容美術工芸品その他
指定年月日平成 27/03/23
時代区分
年代
作者
所在地上高井郡高山村高井2871-3(第二公会堂十王堂)ほか
寸法・材質・形状十王像(木造)10点、閻魔像(木造)1点、脱衣婆像(木造)1点、人頭杖・業秤(木造)1点、浄玻璃(木造)1点、中尊逗子(木造)1点、方便法身絵像1点、地獄絵図10点、涅槃図1点
概要解説荒井原十王堂の什物である十王像等の木像及び地獄絵図は他の複数区でも保存されているが、閻魔王が人頭杖・業秤・浄玻璃を備えて、まさに亡者の裁判を行っている場面が再現されているのは近在市町村でも実に稀であり、十王信仰の在り方が感じられる文化財である。地獄絵図は表装を明治時代に修復してあるがよく保存されている。また、10本もの多くの軸を揃えているのは他の地区には見られず圧巻であり、貴重な文化財である。
交通案内長野電鉄須坂駅から車で約20分、上信越自動車道須坂長野東ICから車で約25分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る