講堂 コウドウ 1棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容寺院建築
指定年月日平成 26/09/02
時代区分江戸時代
年代1741年(寛保元)
作者
所在地飯山市瑞穂7132-2
寸法・材質・形状桁行8間 梁行7間、寄棟造
概要解説永禄9年(1566)の「信濃高井郡小菅山元隆寺之図」に講堂が描かれていて、講堂の近くには鐘楼や金堂があった。いったんは甲斐武田氏の兵火で失ったが、天和2年(1682)の「領内寺社領並由緒差出帳」には、講堂の存在が記されている。元禄10年(1697)に松平忠喬が講堂を修復したという記録とつきあわせると、松平時代(1639-1705)に再建されたことを伺わせる。現存する寄棟造りの講堂は、寛保元年(1741)に再建されたものという。南面し、前面に向拝を設け、前と左右にコの字の広縁を通している。内陣には享保17年(1732)に作られた阿弥陀三尊仏が安置され、講堂の荘厳さを補強している。明治期には学校として、昭和初期には公会堂として使用されたが、大改装されなかった。祭り資料館に転用されている部分があるが、建造物の構造や景観を損ねてはいない。広い堂庭をもつ由緒ある建造物である。
交通案内JR飯山線飯山駅から車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る