北尾のからかさ石 キタオノカラカサイシ 1体

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別村-指定-有形文化財
内容石造文化財
指定年月日平成 12/09/29
時代区分縄文時代
年代縄文中期
作者
所在地上水内郡小川村瀬戸川
寸法・材質・形状長さ89cm、重さ4kg、閃緑岩
概要解説北尾遺跡から出土したと思われる閃緑岩製のもので、長さが89センチメートル、重さ4キログラムの石棒である。年代は縄文中期とみられ、両端にふくらみがあるこの石棒は、形が番傘に似ていることから「からかさ石」と呼ばれている。小川村指定重要文化財
交通案内上信越自動車道長野ICから車で40分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る