釜坂 カマサカ 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別村-指定-史跡
内容その他祭祀信仰に関する遺跡
指定年月日平成 26/02/28
時代区分時代区分なし
年代
作者
所在地東筑摩郡筑北村
寸法・材質・形状
概要解説「鎌坂」と書いた文書もあるが、「釜坂」が正しい。この坂の名は、男滝・女滝の下にある、直径1メートル、深さ1メートルほどの釜に由来している。この釜はただ水の浸食でできた「穴」というだけではなく、山家村農作物の豊凶を占う霊器である。釜の中の砂の堆積具合から1年の豊凶を占い農作業の宣託を受けるのである。このように霊場とされていた証拠に、付近に建立されている数基の馬頭観世音はみな、この釜に視線を向けている。
交通案内JR篠ノ井線西条駅から徒歩20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る