新屋公民館 アラヤコウミンカン 1棟

前のページへ戻る

登録有形文化財

指定区分・種別国-登録-登録有形文化財
内容登録・官公庁舎
指定年月日平成 24/08/13
時代区分昭和時代
年代1951年(昭和26)
作者場々 渉
所在地安曇野市穂高有明
寸法・材質・形状間口5間、奥行12.25間、木造平屋建、半切妻(ドイツ屋根)、鉄板葺
概要解説戦後の地域における社会教育活動の核として利活用された公民館の建物。南妻玄関の庇をモルタル塗の持送で受け、側面の柱形などを竪羽目板張、小壁は漆喰塗とする。内部のホールは奥に舞台を置き、玄関上部は映写室を設けている。広いホールで芝居や映画を鑑賞するという昭和前半期の風潮をよく示している。
交通案内JR大糸線有明駅から車で5分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る