善五郎の滝 ゼンゴロウノタキ 

前のページへ戻る

名勝

指定区分・種別市-指定-名勝
内容峡谷、瀑布、渓流、深淵
指定年月日平成 19/03/30
時代区分時代区分なし
年代
作者
所在地滝-松本市安曇4306-3 周辺部-松本市安曇4306-3・4307-1
寸法・材質・形状落差約22m、幅約8m
概要解説小大野川にかかる鈴蘭橋の約250メートル下流に位置する滝。この滝は、番所大滝と同様に、小大野川が乗鞍火山の「番所溶岩」を刻んで作ったもの。番所溶岩の柱状節理が水平に侵食されてできた、変形の五角形から六角形の模様がみられる。
交通案内JR篠ノ井線松本駅から車で1時間30分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る