赤怒田のフクジュソウ群生地 アカヌタノフクジュソウグンセイチ 

前のページへ戻る

天然記念物

指定区分・種別市-指定-天然記念物
内容植物
指定年月日平成 18/03/27
時代区分時代区分なし
年代
作者
所在地松本市赤怒田962-2ほか
寸法・材質・形状群生地面積約2ヘクタール
概要解説フクジュソウは、元旦草あるいは朔日草とも呼ばれる。日本の原種は、フクジュソウ・ミチノクフクジュソウ・キタミフクジュソウの3種が知られている。赤怒田の群生地は、フクジュソウである。春3月、北斜面いっぱいに黄金色の花を咲かせる。
交通案内JR篠ノ井線松本駅から車で30分、同明科駅から車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る