鞍掛山産出のハダカイワシ属の化石 クラカケヤマサンシュツノハダカイワシゾクノカセキ 2個

前のページへ戻る

天然記念物

指定区分・種別村-指定-天然記念物
内容地質・鉱物
指定年月日平成 18/03/27
時代区分時代区分なし
年代約1,600-1,500万年前
作者
所在地上高井郡高山村牧1629-ロ-3(高山村歴史民俗資料館)
寸法・材質・形状縦15cm、横6cm 縦9cm、横6cm
概要解説鞍掛山は当時堆積した地層の頁岩が隆起して山となった。この化石が発見されたことにより、約1,600万年前高山村は200メートル以上の深い海の底であったと考えられ、当時の地形などを知る上で大変貴重な資料である。
交通案内長野電鉄須坂駅から山田温泉行バスで30分牧中央バス停下車

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る