依水館客殿及び玄関 イスイカンキャクデンオヨビゲンカン 1棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容住宅建築
指定年月日平成 18/01/27
時代区分大正時代
年代1918年(大正7)
作者
所在地上田市上丸子字荒井村1920
寸法・材質・形状建築面積-222.27平方メートル 客殿-L字型、木造平屋建、桟瓦葺 玄関-入母屋造 下屋-鉄板葺
概要解説大正7年(1918)6月、製糸結社・依田社により建てられた迎賓館施設である。座敷は、床・棚・付書院などを備えた端整なつくりで、窓や欄間なども凝ってつくられている。廊下廻りはガラスを多用している。全体に大正時代の建物の特徴をよく示している。
交通案内しなの鉄道大屋駅から車で10分、上信越自動車道東部湯の丸ICから車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る