切久保諏訪社 本殿 キリクボスワシャ ホンデン 1棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別村-指定-有形文化財
内容神社建築
指定年月日平成 13/12/20
時代区分江戸時代
年代1658年(明暦4)
作者横田 喜平次
所在地北安曇郡白馬村北城12327
寸法・材質・形状桁行303cm、梁間412cm、三間社流造 
概要解説建築的特長は大町の金原流と白馬に生まれた横田流とがミックスした点にある。繊細優雅な佇まいは、北安曇郡内の社殿建築中でも佳品といってもよい。菅の横田喜平次(のち宮内)の若い頃の作品であり、その代表作でもある。棟札には宮大工金原周防定兼の名がある。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る