絵馬 エマ 2面

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別村-指定-有形文化財
内容絵画
指定年月日平成 13/12/20
時代区分安土桃山時代
年代天正年間
作者
所在地北安曇郡白馬村神城13166(神明宮)
寸法・材質・形状
概要解説沢渡盛忠によって、神明社造営時に併せて奉納されたものと考えられる。この絵馬2面は出来映えも優れているとともに、現存するものの中では、長野県下最古の作の中に入るものである。作者は仁科氏御用絵師で、天正16年(1588)前後の作と推定される。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る