生島足島神社摂社諏訪社本殿及び門 イクシマタルシマジンジャセッシャスワシャホンデンオヨビモン 2棟

前のページへ戻る

県宝

指定区分・種別県-指定-県宝
内容神社建築
指定年月日平成 14/03/28
時代区分江戸時代
年代1610年(慶長15)
作者 
所在地上田市下之郷701
寸法・材質・形状本殿-一間社流造、間口2.8m
概要解説真田信之の寄進。大名造営により桃山様式が県内に導入されたことを示す例として重要。欅の大樹一本で仕上げたと棟札にある。本殿は向拝の頭貫の下に虹梁形の飛貫をいれる手法に特徴がある。門は諏訪系の神社で用いられた「御門屋」形式の遺構として県内最古。
交通案内JR・しなの鉄道上田駅から車で20分、上田交通別所線下之郷駅から徒歩5分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る