信濃国分寺石造多宝塔 シナノコクブンジセキゾウタホウトウ 1基

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容石造文化財
指定年月日昭和 46/04/08
時代区分鎌倉時代
年代鎌倉末期
作者 
所在地上田市国分1052
寸法・材質・形状総高152cm、安山岩
概要解説塔身には両開きの扉が線彫りされ、下層の屋根には亀腹を刻みだす。屋根の降り棟の反りも、軒反りもわずかで古い様式をしめす。石造多宝塔の遺品は全国的に極めて少なく、同市の常楽寺多宝塔(重文)とともに貴重な遺例。
交通案内JR・しなの鉄道上田駅から車で10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る