湯倉洞窟遺跡 ユクラドウクツイセキ 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別村-指定-史跡
内容その他社会・生活に関する遺跡
指定年月日平成 13/03/30
時代区分縄文時代
年代縄文草創期-近・現代
作者
所在地上高井郡高山村牧字湯沢滝沢番外
寸法・材質・形状間口4.8m、奥行4.6m、高さ5.4m
概要解説昭和46年(1971)から14回の発掘調査が行われ、縄文草創期から近現代に至る、数多くの良好な資料が出土している。推定7000年前の埋葬人骨がほぼ完全な姿で発掘されるなど、全国的にも関心を集めた洞窟であり、出土遺物の質量ともに特筆すべき史跡である。
交通案内JR長野駅から車で1時間30分、上信越自動車道須坂長野東ICから車で1時間10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る