武重本家酒造及び武重家住宅主屋 タケシゲホンケシュゾウオヨビタケシゲケジュウタクシュオク 1棟

前のページへ戻る

登録有形文化財

指定区分・種別国-登録-登録有形文化財
内容登録・住宅
指定年月日平成 12/09/26
時代区分明治時代
年代1909年(明治42)
作者
所在地佐久市茂田井2179ほか
寸法・材質・形状総2階建、切妻造、越屋根付
概要解説中山道望月宿と芦田宿との間にあたる茂田井に位置し、旧中山道に沿った敷地の北奥に醸造施設を配置する。主屋は総2階建、越屋根付きの切妻造で、両妻面を塗籠て土蔵風に造る。西に奥座敷を接続させ、1階東端を醸造蔵へ抜ける通庭としている。
交通案内JR佐久平駅から車で30分、上信越自動車道佐久ICから車で40分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る