下伊那のかけ踊 シモイナノカケオドリ 

前のページへ戻る

選択無形民俗文化財

指定区分・種別国-選択-選択無形民俗文化財
内容芸能(無形民俗)
指定年月日平成 11/12/03
時代区分時代区分なし
年代
作者
所在地長野県
寸法・材質・形状
概要解説指定対象-阿南町和合念仏踊り、天龍村かけ踊り(大河内・向方・坂部)、泰阜村榑木踊り(梨久保・温田)、飯田市上村下栗かけ踊り 下伊那地方には三遠南信地方に濃密に分布する、かけ踊り・榑木踊り・念仏踊りなどと称される芸能が多数伝承されている。盆や虫送り、雨乞い行事等と結びついて行なわれ、送り行事としての特色をもつ。芸能の変遷過程を知る上で重要。8月14日(天龍村坂部)、8月14日・16日(天龍村向方)、8月14日・16日(天龍村大河内)、8月15日(飯田市上村下栗)、8月第3土曜日(泰阜村温田)、10月第2土日(泰阜村梨久保)
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る