熊野三社権現跡 クマノサンシャゴンゲンアト 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別村-指定-史跡
内容社寺の跡
指定年月日平成 09/12/11
時代区分安土桃山時代
年代安土桃山時代
作者
所在地東筑摩郡朝日村針尾478
寸法・材質・形状
概要解説熱田神社に伝わる宝物の「菩薩面」「懸仏」は、熊野三社の御神体であり鎌倉時代初期のものと伝えられる。明治41年(1908)熱田神社に合社。
交通案内JR篠ノ井線塩尻駅から車で25分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る